それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

氷点下の森!イベント内容と見どころ・服装はこうする!

      2017/01/21

御岳山の麓に佇む一軒の宿、秋神温泉旅館のご主人が昭和46年にたった一人で始めた「氷点下の森」。

いまでは、テレビのニュースでも取り上げられるようになりました。
実は私も先日、テレビでみたばかりなんです。

自然と人がつくり出した氷の芸術は本当にきれいで、すぐにでも行きたくなってしまいました。そんな岐阜県は高山市にある極寒の世界「氷点下の森」。

今回はその全貌を詳しくご紹介します。


スポンサードリンク

「氷点下の森」イベント情報&おススメポイント!

約4ヘクタールもの敷地に繰り広げられる氷の世界!

高さ15メートルもある氷柱は、近くでみると圧倒されるほどの大迫力!氷点下の森は、まさに極寒の芸術です。


毎年9月頃から準備を始め、木に水をかけ、11月頃から氷づくりを始めます。
テレビのニュースによると、今年はなかなか寒くならなかったのでご苦労されたようです。

作り上げた後の維持も大変で、氷点下10℃以下になる夜には、氷の状態を守るため、ずぶ濡れになりながら水をかけているのだそう。

私達が目にする美しい「氷点下の森」は、そんな苦労の上に成り立っているんですね。そう思うと感動がUPです。


引用:飛騨高山(氷点下の森ライトアップ)/takayamajapan さんのチャンネル/https://www.youtube.com/watch?v=3uiHk0tQEuw


さて、そんな氷点下の森のイベントは毎年二月に開かれる氷祭り!

  • 日程:2月11日(土)
  • ※毎年2月の第2土曜日
  • 時間:16:00~21:00
  • 会場:秋神温泉氷点下の森
  • イベント:地域伝統芸能、コンサート、バザー、凍るシャボン玉、花火大会など
  • 住所:岐阜県高山市朝日町胡桃島355

中でもおススメのイベントが「凍るシャボン玉」!

街では作れない、凍るシャボン玉。これは見てみたいですよね!

20120210085729引用http://d.hatena.ne.jp/sakana-tensyu/20120210/1328832259


「氷の王様」こと秋神温泉のご主人が吹くシャボン玉が目の前で次々と凍っていって、風に吹かれてキラキラと輝きながら飛んでいく。

想像しただけでこちらの瞳もキラキラしてきてしまいそうです。でもシャボン玉は、氷点下6、7℃にならないと凍らないんですって。

当日、寒くなることを祈るのみ!です。


クライマックスは「氷点下の森花火」!

第2土曜日は、毎年バレンタインデーに近い日にちになるので、申し込むとメッセージと一緒にバレンタインの花火を打ち上げてもらえるそうです。

思い切ってプロポーズ!なんていうのもロマンチックでいいですね。


引用:冬に咲く音の花火 ~氷点下の森~/北川元気/https://www.youtube.com/watch?v=vfgjHEdBaUE


氷点下の森では、お祭りの日以外にも、1月1日から3月31日まで、ライトアップが楽しめます。

夕暮れ時から赤、青、緑の光でライトアップされた氷の森も素敵ですが、自然光で淡いブルーに見える昼間の氷の森も幻想的でおススメです。

日が暮れると氷のクリスタルにロウソクが灯され、美しい音楽が流れる中、氷がつくり出した幻想的な世界を散策できます。

img_2引用http://blogs.yahoo.co.jp/myama814/34155115.html


氷点下の森へはどんな服装を着ていくのか?

「氷点下の森」その名前だけで、いかに寒いか想像できますね。

上半身は冬用インナー+フリースまたはセーター+ダウンジャケット、下半身はパンツの下にレギンスは当たり前、

でも忘れがちなのが足元ですね。寒さは足元から伝わりやすいので、本当は足元が肝心なんですよ!最近は足裏用カイロもあるので、使ってみるのもいいかも。


雪の上は滑りやすいのも心配。そんな時おススメなのが、靴底用携帯滑り止めスパイク。

これがあれば、どんな靴でも雪道用に変身!濡れることを考えて長靴で行きたいけど、長靴では雪の上でツルツル滑ります。

そんな時にもこれ。価格も安いところを探せば、700円以下で見つかります。お財布にも優しいのがうれしいです。


幻想的な氷の世界でロマンティックな時間を過ごしてみてはいかがですか?きっと忘れられない一日になりますよ。

 - 【日本のお祭り】