それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

越後湯沢温泉雪まつり2017!日程や内容そして見どころはここ!

      2016/11/27

冬本番ですが、今年の冬、楽しんでますか?

いまいちっていう人、標高1000メートルで繰り広げられる冬のお祭りに行ってみませんか?

湯沢高原スキー場布場ゲレンデで行われる一大イベント、越後温泉雪まつり!が今年も開催されます。

湯沢温泉発祥といわれるタイマツ滑走と花火のコラボレーションは、一見の価値あり!
今回は、そんな越後湯沢温泉雪まつりをご紹介します!


スポンサードリンク

越後湯沢温泉雪まつりの詳細!

  • 開催日時:平成27年3月5日(土)18:00~21:00
  • 会場:湯沢高原スキー場 布場ゲレンデ
  • 住所:新潟県湯沢町湯沢490

  • アクセス:JR上越新幹線「越後湯沢」駅 徒歩15分
    関越自動車道「湯沢」IC 車で8分

8a5bbfa71bffa291d1f6引用http://atmatome.jp/u/hash/46y4g5s/?page=2


越後湯沢温泉雪まつり2016イベントスケジュール

  • 18:00 食わっしゃい雪まつり飲食ブース開店
    スノーキャンドル点火
  • 19:00 雪まつり開始花火
  • 19:10 雪中みこし会場入り
  • 19:20 子供ゆきおろし太鼓
  • 19:30 ミス駒子披露
  • 20:00 大抽選会
  • 20:40 タイマツ滑降
  • 20:50 雪まつり冬花火
  • 21:00 終了


スポンサードリンク


越後湯沢温泉雪まつりの見どころ!

まず注目が、「雪中みこし」!

スキー場内で御輿を担ぐのは、全国でここ越後湯沢温泉だけなんですよ。

雪の中、上半身裸なんて威勢のいい担ぎ手もいたりして、熱気十分のこの雪中みこし、なんと私でも担ぐことができちゃうんです!

雪中みこし!


引用:平成25年度 越後湯沢雪中神輿渡御⑤/hirokz1000/https://www.youtube.com/watch?v=pBxQD-zGXD8

参加希望者は、事前に申し込むだけ。ぜひ参加して、全国でここだけの特別な思い出づくりしませんか?

20160121-2引用http://www.himawari.com/blog/category/47/blog/11

<応募先>
湯沢温泉雪まつり実行委員会

<応募方法>
  • 電話・FAX・メールにて受付
  • TEL 025-785-5353
  • FAX 025-785-6767
  • ail:info@yuzawaonsen.gr.jp.PC

※定員になり次第終了します。


タイマツ滑走&雪まつり冬花火

一番の見どころは、なんといってもタイマツ滑降と花火のコラボ!

スキーヤーが持つタイマツの明かりが暗闇の中、
雪の上に光の道をつくる幻想的な世界が繰り広げられます。


引用:2015 越後湯沢温泉雪まつり・たいまつ滑走 2D/ski daisuki/https://www.youtube.com/watch?v=8LivYZSjG6A

先頭滑走者がスキー場内に到着した瞬間、夜空に花火が上がる雪まつりのクライマックス!

なんと、このイベントも参加可能なんですよ!!

c5_i4引用http://www.niigata-kankou.or.jp/11win/ski/fammily.html

こんな経験なかなかできませんよね。この冬一番の思い出になること間違いなし!

いつもの冬とは違った感動が味わえます。スキー上級者の方は、ぜひぜひ挑戦してみませんか?

<参加資格>中学生以上、スキー検定2級以上の方
(ボード、ショートスキー不可)

<応募先><応募方法>共に「雪中みこし」と同じ。
※定員になり次第終了します。


こども雪雷(ゆきおろし)太鼓!

ゲレンデ一面を彩る1000本のスノーキャンドルの明かりのもと、「こども雪雷(ゆきおろし)太鼓」の演奏が楽しめます。

CA390742引用http://kiramekidays.blog119.fc2.com/blog-entry-131.html

寒くなったら、「食わっしゃい雪まつり」飲食ブースで地元の味に心も体もほっこり温まるのもいいですよ。
お祭りにはこれ!という食べ物が、新潟名物の「ぽっぽ焼き」。

出店で出会えたら、ラッキーですね。東京の人形焼きを柔らかく、温かくしたような感じの食べ物なんだとか。

う~ん、わかるような、わからないような…。でもそんな謎の食べ物に挑戦するのも、旅の醍醐味ですよね。

雪中みこしにタイマツ滑走、冬花火…、冬ならではのイベント満載の湯沢温泉雪まつり!
ゲレンデが会場のお祭りだから、スノボーやスキーを楽しんじゃったりもできますよ。

まだ冬を楽しんでいないあなた、湯沢温泉雪まつりで冬を目いっぱい楽しんでみませんか^^

 - 【日本のお祭り】