それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

インフルエンザの潜伏期間は人にうつる?期間はどれくらい?

      2016/10/18

冬場になると猛威を発揮するインフルエンザ!今年はA型が流行るとかB型だとか、必ずニュースになりますね。

そんなインフルエンザですが、

  • 実際に身体に症状が出るまでの潜伏期間には、人にうつるものなのかどうか?

  • 潜伏期間は一体どれくらいなのか?
知っていますか?


かかってしまうと、学校にしろ会社にしろ休まなければいけないインフルエンザ。

この機会に、基本的な知識をきちんと持って、予防対策を万全にしましょう!


スポンサードリンク


インフルエンザの潜伏期間はどのくらいか?

さっそくインフルエンザの潜伏期間について調べてみたところ、なんと1~2日という短いものでした。

と言うことは、例えば自分が金曜日には元気だったとしても、週末の土日の潜伏期間を経て月曜日にはインフルエンザの症状が出て寝込んでしまう可能性がある、と言う事になります。


このように潜伏期間が短いインフルエンザですが、病気になる前触れである事を知らせる「前駆症状」と言うものがあります。

たとえば、
  • 体がだるい
  • すごい悪寒がする
  • 鼻やノドが乾燥している感じ

これらは風邪(かぜ)の症状と同じですよね。ですので、インフルエンザとはっきり見分けるのは、なかなか難しいかも知れません。

インフルエンザが流行っている時期に「カゼのひきはじめかな?」という症状が出た場合には、迷わず病院で検査を受けておくほうが安心ですね。


ただし、病院にはインフルエンザの患者さんが大勢来ているので、3つの予防対策をおすすめします。

  1. 「0.1ミクロンのマスクをする」
  2. 「うがいをしっかりと行う」
  3. 「ていねいに手の消毒をする」

0.1ミクロンのマスクで、ウィルスをしっかりガードしましょう。

帰宅後には、先ず「うがい+手洗い」を励行します。のどに付着しているかも知れない病原菌を、スッキリ洗い流すのです。

病院を出た後には、使用しているマスクは「もったいながらずに!パッと捨てて」新しいものに交換したほうがより万全な予防になりますね。


マスク着用うがい消毒がインフルエンザ予防の基本です


インフルエンザは潜伏期間にもうつるのか?

ズバリ!潜伏期間でも、インフルエンザはうつります!

インフルエンザウィルスは空中からノドに入り、さらに細胞に侵入して増殖します。

その勢いは、わずか1日に、1個のウィルスが100万個になるほど! 

ちなみに、このウィルスが数千万個になると、インフルエンザの症状が出始めるそうです。


1個→100万個なので、10個→1000万個といったように、ウィルスが複数個入ればそれだけ増殖の勢いも強くなって、発症までの期間も短くなっていくんですね。


もしも会社内や学校で「カゼひいたかな~?」と言ってるのにマスクもしないでいる人がいたら、その人のノドではインフルエンザウィルスが増殖中の可能性があると言うこと!


そんな場合には、できる限り距離を取りつつ、自分はマスクをキッチリして予防対策しましょう!そして、自分の体調がおかしいと感じたならば、可能な限り早めに病院で受診するように努めましょう。


知り合いの勤めている会社では、小規模な事務所で仕事を休みづらく、一人が持ち込んだインフルエンザウィルスによって全員が感染したという悲惨な出来事がありました。


できれば仕事は休んでほしくないけれど、無理に出勤してウィルスをばらまかれるのも、はっきり言って迷惑な話です。仕事や勉強はもちろん大事ですが、まず何よりも身体が資本です。


無理をして体調を悪化させることだけは、避けたいものですね。

スポンサードリンク


インフルエンザ予防対策はこうする!

家庭でも会社内でも、インフルエンザにかかってしまうのは何としてでも避けたいもの。

でも、万全の予防対策を講じていたとしても、残念ながらインフルエンザにかかってしまう事もあるでしょう。

それでは一体どうするかと言うと、やはり

ワクチンの予防接種

これが一番効果がある予防対策であり、ひとまず安心できるようです。


社内や学校内でインフルエンザウィルスが蔓延するのを防げないとしても、せめて自分はインフルエンザにかからないよう充分に気を付けたいですよね。


ちなみに、インフルエンザワクチンの予防接種の効果は、一体どれくらいの期間続くのでしょうか?

その答えは、こちらから!
  ↓  ↓  ↓
≪インフルエンザ予防接種の効果はいつまで持続するのか?効果がある期間は?≫

・・・・・・・・・・・・・・・

インフルエンザに感染する経路は、下記のふたつです。

  1. インフルエンザの人の咳(せき)やくしゃみを浴びてしまう

  2. インフルエンザウィルスの付着した箇所を触る
・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 咳やくしゃみを浴びてしまう
  2. これは、インフルエンザにかかっているかも知れない人と距離を取るしかありません。

    セキやクシャミで飛び散るウィルスの「飛沫」は、通常1~2メートルの飛距離があると言われています。


    だから、インフルエンザかも知れないような人からは、2メートル以上は離れたほうが無難です!


    インフルエンザかも知れない人には近づかない事が大事

    でも、勤務先が狭い事務所だったり席が向かい合わせだったり、実際には離れて仕事をするのは無理な場合が多いですよね。

    ですので、インフルエンザの可能性がある人には、しっかりマスクをしてもらいましょう。

    マスクを持っていない方には、自分用の買い置きマスクを1枚渡してあげるくらいの優しい心は持ちたいものですね。



  3. ウィルスが付着した物から感染する
  4. ドアノブやイス・デスク周りから他の人にうつるケースです。

    外出していた社員の手に付いたインフルエンザウィルスが、帰社後にデスクやドアノブ等に触れる。

    または、インフルエンザにかかっている社員のセキやクシャミをおさえた手から、他の物に付着してしまったりと、ウィルスが広まるのを完全に防ぐのはなかなか難しいです。


インフルエンザ予防には消毒をこまめに!

インフルエンザウィルスの拡散をストップさせるには、デスクに消毒液を置いて他の人が触れた場所に触ったら、即座に消毒するのが一番効果的です!


ウィルスは、60~80%の濃度のアルコール製剤に触れることによって死滅するので、アルコール消毒液は常時携帯すると理想的です。


エタノール入り消毒液の商品は色々とありますが、購入前には「消毒濃度」を必ず確認しましょう。



ちなみに消毒濃度が30%程度の商品では、インフルエンザウィルスには効果がありません。

70%前後の濃度を持ったアルコール消毒液を買いましょう。


会社ではトイレから戻ってきたときとか、プリンターを触った後などに消毒液をよく揉み込みします。実際カバンに入れておくと大変便利で、電車内などでは頻繁に使えます。


電車のつり革やドアノブはインフルエンザ菌がびっしり!

私は基本的につり革には掴まらないようにしているのですが、揺れが激しかったりして仕方なくつり革に触ってしまった後はもちろん、前に立っている人がセキをしていたときには、その人が降りた後でこっそりカバンにも塗って消毒しています。


少しおかしな人に見えているかも知れないですが、ウィルス菌を自宅に持込まないインフル予防対策なのです。

そこまでしなくとも、手すりやつり革に触った後には、必ずしっかりと手を消毒するのがオススメですね。


インフルエンザの潜伏期間まとめ

  • インフルエンザは潜伏期間でもうつります

  • インフルエンザの潜伏期間はわずか1~2日です

インフルエンザ予防対策は

  • 「マスク」
  • 「消毒」
  • 「出社時や帰宅時のうがい」

上記以外で、インフルエンザ予防で効果が期待できる方法を、下記の記事でご紹介しています!
 ↓  ↓
≪インフルエンザ一番効果が期待できる予防方法はこれだ!≫

インフルエンザは、潜伏期間でもうつることが分かりましたね。
インフルエンザウィルスに負けないよう、しっかりと予防対策をしましょう!

 - 【インフルエンザ・ノロウイルス】