それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

いちひめ神社の「ひいなまつり」とは?女人お守りの御利益に注目!

      2016/10/30

女人守護・女人厄除けの神社で行われる、古式ゆかしい女の子のお祭り「ひいなまつり」!

神社仏閣が混在している京都においても、女子のための神社はたいへん珍しいようです。

ひいなまつりでは、女性をワクワクさせるポイントやイベントが目白押し♪
いちひめ神社のお守りパワーが、いま女子たちから大注目を集めています!その理由を詳しく調べてみました。


スポンサードリンク

「ひいなまつり」開催日程!

  • 開催日時:平成28年3月3日(木)
  • ※毎年3月3日 13:00~16:00

  • 料 金
  • :¥1,000<桃挿華簪守(ももかざしまもり)+茶席券付>

  • 会 場
  • :「ひと・まち交流館」(河原町通りをはさみ神社の向かいにあります)

  • 住所
  • :京都府京都市下京区六条通河原町西入本塩竈町593

  • アクセス
  • :JR「京都」駅で205系統の市バスに乗り換え、「河原町正面」下車 徒歩2分 京阪電車「清水五条」駅から徒歩5分


市比賣(いちひめ)神社は「女人守護の神様」!

main_2016引用:http://www.kyoto-16sha.jp/j_ichihime.html

今をさかのぼること平安時代、795年に建てられた市比賣神社。なんとあの「源氏物語」にも描かれるほど、たいへんに由緒ある神社がこのいちひめ神社。

いちひめ神社は、五人の女神さまが祀られている、女性の健康と幸福を見守ってくれる女性にとって大変うれしい神社なんですよ^^


女の子のお祭りである「ひいなまつり」(ひなまつり)にとっても、ふさわしい神社なんですね。


「ひいなまつり」の見どころはここ!

「ひいなまつり」の見どころは、なんといっても「ひと雛」

なんと人がお雛様に変身してしまうのです!!実際に人がきっちりと平安装束を着て、ひな壇に座るんですね。

FILE060引用:http://mouri-yukiko.sblo.jp/article/31990732.html


まずは男性が、白い衣装を着て登場。舞台の上で次々と衣装を重ね、最後には平安貴族の正装、狩衣(かりぎぬ)姿になり男雛(おとこびな)に変身します。

次に女性が登場し、淡い色から濃い色の衣装計6枚を身に着け、女雛(おんなびな)に変身!女性の衣装の重さは、なんと20㎏!かつらも合わせると総重量25㎏と言いますから、衣装を身に着けるだけでも、かなりの重労働です。


このように、ひいなまつりでは「十二単の着付け実演」が見れるんですね!なかなか着付けの実演、しかも十二単の実演が見られる機会は滅多とありません。

さて男雛、女雛がそれぞれ完成すると、ひいな祭りもいよいよ終盤。

二人がひな壇に座ると、次には三人官女そして五人囃子(ごにんばやし)が登場し、「ひと雛」が完成します。
五人囃子の囃子にのせて三人官女が舞い踊る中、お祭りのメインイベントが始まります。


スポンサードリンク


天児ノ儀(あまがつのぎ)

ひな祭りは平安時代、紙や藁(わら)で作った人形(ひとがた)に、自身の1年の汚れや厄(やく)を移し、川に流したことから始まりました。

「天児ノ儀」では、天児(あまがつ)といわれる人形に息を吹きかけ、厄や災いを祓います。


「ひいなまつり」イベント内容♪

平安時代の宮中遊びが体験できます。
  • 【盤双六】
  • サイコロを振って出た目を進み、先に相手の陣地をとった方が勝ち。

  • 【投扇興(とうせんきょう)】
  • 桐箱の上に立てられた「蝶」と呼ばれる的へ扇子を投げ、落ちた形で得点を競います。

    古式ゆかしく、いかにも古都、京都らしいお遊びですね♪

  • 【貝合わせ】
  • ひな祭りらしいゲームですね。はまぐりはペア一対の貝同士以外、ぴたりと合うことがありません。

    貝合わせは、裏返しに置かれた貝殻のペアを選んでいく遊びです。
    一対の貝に同じ絵柄が描かれています。貝には源氏物語が描かれ、気分を盛り上げてくれますよ。


ひいなまつり限定のお守りがもらえる!

ひいなまつりに参加するには、参観券(¥1,000)の購入が必要です。

参加券を購入すると桃挿華簪守り(ももかざしまもり)お抹茶、お茶菓子がいただけます。
この桃挿華簪守が春って感じで、テンションあがるんですよね♪

孝明天皇の皇后さまがひな祭りの晩に、桃と柳の枝をお風呂に浮かべて邪気を祓ったことにちなんだお守りです。
このお守りを入れてお風呂に入ると、邪気退散てわけです。


女子にうれしいお守りいっぱい!

せっかくお参りに行ったら、ぜひお守りを買って帰りたいですね。いちひめ神社では、女子のためのレアなお守りが手に入れられます。

  • 【ハッピーカードお守り】
  • 女優の羽田美智子さんがテレビで紹介して、大人気になったお守り。
    持っているだけで幸運になれるのだとか。

    カード型のお守りで、お財布に入れて持ち歩くことができると好評です。
    裏に名前を入れてくれるのもうれしいですね。

  • 【七色人形お守り】
  • 厄除のお守りで、糸の色と同じ数の七つの厄から身を守ってくれます。

  • 【姫みくじ】
  • 中におみくじが入っている、ダルマ型のおみくじ。持ち帰って飾ってもかわいいですよ。
    境内の「天の真名井(あめのまない)」にもたくさん浮かんでいます。


いちひめ神社で、ぜひ飲んでみたい名水が!

境内には、ぜひ立ち寄りたいポイントがあります。それが「天の真名井(あめのまない)」

DSC_1821引用:http://matome.naver.jp/odai/2143201438798384101/2143205076639557203

京都七名水のひとつで、日本の名水百選にも選ばれています。歴代の天皇・皇女の産湯として使われたと言いますから、その由緒もたいへん奥の深い名水です。

いちひめ賣神社は、皇室を守護する神社なんですね。ですから建物自体も、北の御所に向かって建てられています。


いちひめ神社のお参りも忘れずに

せっかく女人守護・女人厄除けの神社へ訪れたのですから、お参りするのも忘れないようにしましょう。いちひめ神社は、良縁・子授け・安産にご利益(ごりやく)があるそうです^^

女子にとっては魅力満載の「市ひめ神社」。あれほど神社仏閣が混在して立ち並ぶ京都でも、女性のための神社と言うのは珍しいようです。

今年のひな祭りは、いちひめ神社のひいなまつりで、厄落としと運気をアップしてみませんか?

 - 【日本のお祭り】