それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

静岡まつり大御所花見行列が豪華絢爛!2019日程・見どころ!

      2019/04/03

静岡市と言えば、かの大将軍、徳川家康公が江戸から駿府(現在の静岡市)に移りその生涯を終えるまで大御所時代を過ごしたところです。

静岡はその温暖な土地柄から、みかんやお茶どころと言ったところが第一印象ですね。

それに加えて、毎年春に盛大に行われる家康公ゆかりの【静岡まつり】も大変有名です。


特に『大御所花見行列』では、芸能人が出演することもあって、お祭りのにぎわいもピークを迎えます。

今回は、そんな静岡まつり2019について詳しくご紹介していきましょう^^


スポンサーリンク

【静岡まつり2019】日程など!

静岡まつりは、今年で第63回を迎える歴史あるお祭りです。

『徳川家康が駿府で家臣を連れて花見をした』ことを再現したお祭りなので、徳川家康関連のイベントが盛りだくさん♪

まずは、今年2019年の静岡まつりについて日程等です。

第63回 静岡まつり~駿府大御所時代絵巻~

  • 【開催日程】
  • 4月5日(金)~4月7日(日)

  • 【開催場所】
  • 静岡駅/北口から駿府城公園までの4会場

【会場と主なイベント】

  • 【駿府城会場】

  • ≪駿府城公園≫
    ・静岡県静岡市葵区駿府城公園1

    『駿府大演舞場』
    • 前夜祭
    • 竹千代キッズオーディション
    • 花見行列 出発式
    『駿府屋台村』

    『駿府城下町』
    • 花魁道中
    • 変身処
    • はしごのり
    『手筒花火』


  • 【追手町会場・御幸会場】

  • ≪静岡駅北口 松坂屋前~静岡赤十字病院前まで≫
    ・静岡県静岡市葵区
    • 『駿府登城行列』
    • 『大御所花見行列』
    • 『夜桜乱舞』

  • 【青葉会場】

  • ≪青葉イベント広場 葵スクエア~青葉シンボルロードまで≫
    ・静岡県静岡市葵区

    • 『すんぷ家康公・竹千代ワールド』
    • 『青葉SAPPOROガーデン』
    • 『青葉演舞場』

スポンサーリンク


【静岡まつり2019】全体がストーリー仕立て!

実はこの「静岡まつり」、大御所様が花見をする一連のストーリーが軸になっていて、すべてのイベントがこのメイン軸に沿って行われています。

ストーリーとイベントの相関関係はこうなる!

  1. 大御所様(家康公)が「お花見しよう」と言い出す⇒前夜祭

  2. お花見のために大御所様を迎えに行く⇒駿府登場行列

  3. 大御所様と一緒にお花見に出かける⇒大御所花見行列

  4. お花見の宴会を盛り上げる⇒城下総踊り夜桜乱舞

  5. お花見会終了/終わりの合図⇒駿府紅蓮の大炎上

ここまでストーリーがきちんと設定されたお祭りは、なかなかないかも知れませんね♪

静岡まつりは祭全体がストーリー仕立てとなっています

メインの【大御所花見行列】今年はこの人!

「静岡まつり」のメインイベントが、ストーリーの中心である『大御所花見行列』です。

駿府城の「大御所様」が大名などを総勢400名も引き連れて駿府城下を練り歩くのですが、この大御所役は毎年芸能人が扮しています。

さて今年2019年はこのお2人!
  • 4月6日(土):間 寛平さん
  • 4月7日(日):磯村 勇斗さん

どんな大御所役を演じてくれるのか、楽しみですね^^

6日(日)の14時05分から、『駿府大演舞場』で「出発式」が行われます。


【静岡まつり】オススメのイベントはこれ!

大御所花見行列以外に、絶対おさえたいイベントを2つご紹介します!

『城下総踊り夜桜乱舞』

4月6日(土)と4月7日(日)それぞれ17時から行われる『夜桜乱舞』!

歩行者天国になった御幸通りで、約1万人の参加者がいっせいに踊るという壮大なイベント!


「竹千代連」への飛び入り参加もできるので、当日行っても一緒に踊れますよ~♪

踊る様子を見るのも楽しいし、自分も踊ったらもっともっと楽しいこと間違いなし!

『手筒花火』

手筒花火とは、大きな筒に火薬を詰めたものを直接手に持って火花を吹き上げさせるもの。

6日(土)20時30分から、駿府城公園内「駿府灯の広場」にて行われます。


火花が身体に降りかかっても熱くないのかな、大丈夫かな?と心配になりつつも、降り注ぐ火花が桜吹雪のようにも見えてとっても綺麗!

これは完全に必見ですよ!




【静岡まつり2019】イベント盛りだくさん!

静岡まつりは、子どもも一緒に楽しめるイベントがたくさんあります!

駿府城公園の「変身処」で時代衣装を着たり、「木遣り」や「はしごのり」など、伝統的な大道芸を見たりするもよし。

青葉会場で、「竹千代かるた」や「竹千代すごろく」で遊んだり、久能山東照宮の前でポニーに乗って撮影したり、ご当地キャラと会ったりするもよし!


子ども向けイベントだけでも、たっぷり一日中遊べる豊富さですね♪

ゆっくりとお祭りを堪能したい方は、青葉会場の「青葉SAPPOROガーデン」や駿府公園の「駿府屋台村」でグルメ三昧がおすすめです^^


【静岡まつり2019】まとめ

ここではご紹介し切れないほど、まだまだ楽しいイベントが盛りだくさんの「静岡まつり」。

春のおだやかな気候の中、たっぷり2日間、遊びまわりたいですね~♪

楽しいこととおいしいもので急がしくても、城下町の桜も忘れずゆっくりと味わいたいものです。

 - 【レジャー・娯楽】, 【日本のお祭り】