それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

神田祭2019今年は2年に一度の本祭り!日程や屋台はこうです

      2019/05/15

「お祭り!」と聞くだけで自ずとテンションが上がる、お祭り好きな江戸っ子がこよなく愛するお祭りと言えば・・・

いよいよ今年もやって来ました『神田祭』です!


昨年2018年の神田祭は、≪陰祭(かげまつり)≫と呼ばれる小規模な開催でのお祭りでした。

でも令和元年の今年は、盛大に開催される【本祭】の年なのです!


今回は、そんな2年に一度のビッグイベント『神田祭』について、詳しくご紹介していきます。


スポンサーリンク

神田祭2019年の概要

さて、元号が令和に変わって初めての神田祭り、今年は大きなイベントや催し物などが盛りだくさん!

2019年の『神田祭』日程は、下記のとおりです。

  • 5/9(木)鳳輦・神輿遷座祭(ほうれん・みこしせんざさい)PM7~

  • 5/10(金)氏子町会神輿神霊入れ(うじこちょうかいみこしみたまいれ)夕刻から

  • 5/11(土)神幸祭(しんこうさい)終日

  • 5/11(土)附け祭(つけまつり)PM3~

  • 5/11(土)神幸祭神輿宮入(しんこうさいみこしみやいり)PM4~

  • 5/12(日)神輿宮入(みこしみやいり)PM4~

  • 5/14(火)献茶式 表千家家元奉仕(けんちゃしき おもてせんけいえもとほうし)AM11~

  • 5/14(火)明神能・幽玄の花(みょうじんのう・ゆうげんのはな)PM6~

  • 5/15(水)例大祭(れいたいさい)PM2~

スポンサーリンク



  • 【住所】
  • 東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神

  • 【アクセス】
  • JR・地下鉄丸の内線「御茶ノ水」駅より徒歩5分
  • 地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩5分
  • 地下鉄銀座線「末広町」駅より徒歩5分
  • JR・地下鉄日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7分


神田祭りはこんなお祭り!

神田祭とは、東京都千代田区にある【神田明神】で行われるお祭りです。

神田明神には、相当に長い歴史と伝統があり、古くから東京お江戸を見守る神社として地元の人々から深く親しまれています。

この神田明神で行われる【神田祭】は、『京都の祇園祭』『大阪の天神祭』とともに、日本三大祭の一つにも名を連ねる、それはそれは輝かしいお祭りらしいお祭りです。

その雰囲気たるや、これぞお江戸日本が誇るお祭りの真骨頂!

≪ヤバイほど≫ド派手なお祭りです!

神田祭は、交通のアクセスが便利なのがメリットです。
お祭りの期間は、毎年5月の中旬頃になんと7日間にわたって行われます

神田祭と言えば、≪神幸祭≫や≪神輿宮入≫などのイベントが特に有名です。


迫力たっぷりの神輿(みこし)担ぎは、古き良き日本の伝統が大迫力で感じられウキウキワクワクが最高潮!

そしてここが重要なポイントですが、神田祭の本祭は「2年に一度行われる!」と言う事!

大きな祭りが毎年見られるわけではないんですね。

昨年は「陰祭」にあたる小規模お祭りの年だったので、今年は待ってましたの本祭りの年なのです!

神田祭は、日本三大祭のひとつに数えられています。
日程を見てみると、何だか難しい漢字が並んでいますが…(汗)

日本の伝統的なしっとりとした落ち着いた催しです。

15日に行われる「例大祭」は、神田明神の年中行事の中でも、最も大切な神事で神田祭り一番の見どころです。

盛大さこそありませんが、厳かにしっとりと優雅に開催され、その大部分は神殿内で行われるようです。

その中でも見学できるのは、氏子の行列そして巫女舞程度との事です。

神田祭の本祭は、2年に一度行われる伝統あるお祭りです

【まとめ】神田祭を思いっきり楽しもう!

日本人なら一度は見てみたい!そんな大迫力のお祭りこそが神田明神。

神田明神の神様にあやかりたい方は、ぜひとも足を運んでみてくださいね^^


長い歴史と伝統を誇る江戸っ子が誇る盛大な神田祭り、元号が令和になったこれからもずっとずっと続いていってほしいなと思います。

神田祭りは、とてもアクセスしやすい場所で開催されるので、とても行きやすいのが魅力です!

ぜひとも、日本の伝統と粋を心行くまで楽しんで下さいね。

 - 【日本のお祭り】