それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

母の日と父の日はいつから始まったの?その由来は?「父の日編」

   

母の日の由来は意外な事実でした。

それはそれは長い歴史があるんですね~。
【「母の日の由来」はこちらから今すぐに!】

細々とであれ昭和の始め頃から行われている行事。

感謝の気持ちは昔も今も何一つ変わらないんだと
深~く納得出来ました。

スポンサードリンク

父の日は、いつから始まったの?由来は?

じゃあ父の日は?というと、こちらもアメリカ発なんです。

アンナが母の日活動を始めた2年後、
ソノラ・スマート・ドットという女性が、

母に感謝する記念日を作るなら、父に感謝する日も作ってほしいと
牧師協会に依頼したのが事の始まり。

Sonora Smart Dodd引用:http://goo.gl/cl1IXt

ソノラの父は南北戦争の退役軍人だったのですが、
戦後亡くなった母の代わりに男手ひとつで

6人の子どもを育てあげた、すんごいパパなんです!
そりゃあ父の日も作りたい!って思いますよね。


ソノラが牧師協会にお願いした翌年1910年の6月19日、
父の日のセレモニーが行われました。

その後、父の日セレモニーはじわじわと広がっていったのですが、
初めて祝ってから6年後の1916年にウィルソン大統領が
父の日セレモニーで演説したことで、全国的に広まりました。

画像07
実は当時のアメリカ議会は男性ばかり。
その中で父に感謝を示す日を公式に認めてしまうのは、

男性びいきだと批判されるかもしれないという懸念があり、
母の日と違ってなかなか可決されませんでした。


そのため、初めて祝ってからなんと60年も後の1972年、
ニクソン大統領の代まで正式に認められなかったんです。

お父さんに感謝する日を、お父さんたちが議会にかけて
可決するっていうのが意外とハードル高かったんですね~。

スポンサードリンク


父の日、日本ではいつから開催されてるの?

アメリカで正式に認められたのが1972年。
日本ではもちろんもっと後のことになります。

実は母の日が制定されたちょっと後の1950年頃から、
父の日を祝うという文化も一応日本に入ってきてはいたんです。


でも、アメリカで正式に認められていない状態だったこともあり、
日本でもなかなか一般的にはなりませんでした。

画像08
1980年に「日本メンズファッション協会」の理事長が、
アメリカで行われた国際会議に出席したときに父の日セレモニーの話を聞き、

日本に持ち帰ったのが一般的に認知されるキッカケとなります。
同協会が母体となって「日本ファーザーズ・デイ委員会」を結成。


2年後の1982年に初めての『父の日黄色いリボンキャンペーン』
開催されました。

このキャンペーンが全国のデパートなどでも展開されたために、
一気に父の日セレモニーの文化が全国的になったんです。

画像09引用:http://goo.gl/rjkspS

『父の日黄色いリボンキャンペーン』は現在も行われていて、
この協会は毎年『ベストファーザー』を選出・表彰していることで有名。


ベストファーザーの賞は「イエローリボン賞」という名前で、
2015年は宇宙飛行士の若田光一さんや俳優の照英さん、
タレントのヒロミさんなどが受賞されました。


2016年の授賞式は6月8日に行われる予定なので、
翌日あたりのワイドショーをチェックすると
最新の受賞者が分かりそうですね♪


父の日に改めて伝えたい感謝の気持ち


引用:父の日に!なんちゃって「ビールゼリー」つくってみた!/https://goo.gl/JMjFbw

それにしても父の日の歴史の短さに愕然!
こんなに最近始まった行事だったんですね。

母の日と同じぐらいの歴史があるだろうと、
当然のように思っていたのでビックリしました。

画像10
歴史の長さはさておき、母の日・父の日とも由来を知って、
改めて両親に感謝の気持ちを表したいと思えました。

子どものころは「肩たたき券」とか「お手伝い券」とかでOKだったから
原価ゼロで最高だったなあと思いつつ、

両親の欲しいものをさりげなくリサーチしてきまーす♪

 - 【暮らしの疑問】