それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

半夏生にタコや鯖を食べる由来と意味は何?2016年の半夏生を知ろう!

   

半夏生という言葉をご存知ですか?
関西地区では梅雨明け頃にスーパーなんかでよく目にしたりする言葉。


半夏生(はんげしょう)って一体何なんでしょう?
この日には、タコやさばを食べる習慣もあるようです。

他の地域ではあまり馴染みがない、聞き慣れない言葉かもしれませんね。

今回は、季節の行事を楽しもう!ということで
2016年の「半夏生」の由来や意味についてまとめてみます。


スポンサードリンク

半夏生って一体何?

簡単に言ってしまうと、昔の人が現した季節の名前の一つです。
日本では、1年を24等分し、その節目節目に名前が付けられました。

有名なところでは、やっぱこれでしょう。
春分・夏至・秋分・冬至!

メジャーどころですね。


またそれとは別に、季節の移り変わりを表す言葉もあって、
これは「雑節(ざっせつ)」と呼ばれています。


節分や、八十八夜、彼岸、土用などなどが雑節にあたります。
そして、その中の一つとして「半夏生」があります。


半夏生は、梅雨の終わりごろの時期を言います。
それにしても色んな名前がついているんですねぇ。


季節を漢字で表すのってなんだかやっぱり、
日本人て昔からオシャレ♪

スポンサードリンク


半夏生の由来はこうです!

半夏生というのは「半夏(はんげ)」が「生える」時期と言われています。
語源は二つあります。


漢方薬などにも使われる「カラスビシャク」(別名:半夏)という
草が生える時期だから。

もうひとつは、ドクダミ科の「片白草」(別名:半夏)の花が咲く時期だから。

どちらの草も「毒草」ということから、
半夏生というのは毒草が生えてくる時期ということになりますね~。

それにしても毒草!?
ちなみにこれが半夏生です。

cf8d1836195352af481ba883ddd32034引用http://goo.gl/1Do0g6


半夏生は<、span style="color: #ff0000;">夏至から数えて11日目のことを言います。
そこから5日間を半夏生と言うのです。


昔はこの時期が“田植えのデッドライン”として認知されてきました。
毒草が生えてくる半夏生までに田植えを終わらせちゃおうーー!
という感じです。


「チュウ(夏至)ははずせ、ハンゲ(半夏生)は待つな」という
ことわざもあり、
夏至から半夏生までが田植えの目安とされてきたんですね~。

そして、その後は農家さんは数日間、仕事を休む習わしがありました。


夏至が過ぎたら田植えをスタート!

そして半夏生までの11日間の間に田植えをして、
半夏生からは数日間おやすみ!そんなスケジュールだったんですね。


また、半夏生に取れる野菜は毒気を含むと言われていたので、
その点でも休むことは奨励されていました。

広大な大地に稲を植えるのはとっても大変だったでしょうね。
そんな疲れをとるための大事な期間になっていたんだと思います。

img_1引用http://goo.gl/7cajp7


半夏生にはタコを食べる!

節分には豆!土用の丑の日にはウナギ!というみたいに、
半夏生にはタコを食べるという風習があります。


これは主に関西地方で行われています。あの8本足のタコです。

元々、田植えを終えた農家さんが豊作を願って
「タコ」を神様にお供えしたことが始まりといわれています。

八本足で稲がしっかり根を貼ることを願ったのです。


タコの足にたくさん生えた吸盤のようにたくさん稲が実ることを願って、
タコが捧げものに選ばれました。


豊作祈願後に、みんなで食べたことが、
半夏生にタコを食べるという風習になったのです。


稲の豊作をタコで願う日本人、
なんだかとっても可愛く思えてきます♪
タコパーティ―をイメージしてしまいます。(笑)

product13015364747_4200引用http://goo.gl/6E2sCX

また他の地域では、うどん(香川県)や鯖(福井県)
お餅(奈良県)などなど、その土地土地で食べてきたものが違いました。


福井県で主に食べられてきた「鯖」は、
一人一匹の焼き鯖を家族全員で一緒に食べる風習。


本来鯖の旬は秋なのですが、この地域では鯖の収穫が多かったのと、
疲労回復のためにということで食べられてきました。

なので、福井県内では半夏生になるとスーパーマーケットや
魚屋さんでは必ず、さばの丸焼きを大々的に特売しているようです。


2016年の半夏生は7月1日金曜日!


毎年大体7月2日になるんですが、
今年の夏至は6月21日の火曜日ということで、日数が少し変動します。


2016年の半夏生は7月1日となります。
期間は、7月1日頃から7月5日頃までの5日間。


季節の行事の楽しみを今年から一個増やしてみるのも
きっと楽しいはず♪

big,100引用http://goo.gl/8N4Z1Q


夏本番に備えて体調万全に♪

これからやってくる夏に備えて、今年の半夏生には
疲労回復効果があるタコや鯖を食べて元気を付けちゃいましょう。

そしてしっかり体を休めて疲れを取ってしまいましょう♪

体調万全で今年の夏を思い切り楽しみたいですね!
せっかくの機会ですから、タコや鯖の料理を色々研究してみるのも楽しいかも♪

みんなでたこ焼きパーティ―なんかもいいですね!

日本の季節の行事の一つとしてぜひ、
「半夏生」参考にしてみてくださいね♪

 - 【暮らしの疑問】