それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

神奈川新聞花火大会2016!日程と穴場スポット7箇所はここ!

      2016/07/20

素晴らしい横浜の夜景をバックに夜空に花開く、
横浜の夏の風物詩「神奈川新聞花火大会」。


毎年多くの人であふれる大人気花火イベント!
今年の開催日程や穴場スポットを7箇所厳選してご紹介!


今日は、2016年の神奈川新聞花火についてです!

スポンサードリンク

神奈川新聞花火大会は8月2日に開催!

今年の開催日程は8月2日の火曜日です。

小雨決行ですが天候が厳しいようであれば、
翌日の8月3日(水)に延期されます。

場所は、横浜みなとみらい21臨港パーク前面海上です。


【神奈川新聞花火大会2016】

開催日程:2016年8月2日(火)
※荒天時は8月3日(水)に延期

開催時間:19:00~21:15

開催場所:横浜みなとみらい21臨港パーク前面海上

お問い合わせ:045-227-0744
(神奈川新聞花火大会実行委員会)

≪地図はこちらから!≫


神奈川新聞花火大会の穴場スポットはここ!

スポンサードリンク


★横浜赤レンガ倉庫2号館横赤レンガパーク

花火が見える最上スポットは毎年大混雑しますが
やっぱりベストスポットは横浜赤レンガ倉庫2号館横の赤レンガパーク。

行かれる方はぜひお早めにお出かけ下さい。

地図はこちらから!


★臨港パークカップヌードルミュージアムパーク

みなとみらい地区にある公園で有料エリア
芝の上に座ってゆっくりと花火鑑賞できます。

チケットはローソンLoppiにて買えますよ♪

地図はこちらから!


引用:2014 神奈川新聞花火大会 2尺 + コロワイド (ラスト1分半) https://goo.gl/lSPEhd



さてさて、ここからは厳選穴場スポットを7箇所ご紹介します!

①高島水際公園
打ち上げ場所からほど近くに位置するこの場所は、
視界が開けて絶景です。

横浜駅からのアクセスもGOOD!おすすめです。

地図はこちらです


②コットンハーバー

会場から近いのになぜか意外と空いている穴場スポットです。

地図はこちらから


③ポートサイド公園

横浜駅から徒歩10分!
芝生の上にレジャーシートをひいてゆったり楽しめます♪

地図はこちら


④そごうと横浜ベイクォーターの間

建物と建物の間のこの場所。
日影があって場所取りにはかなりGOOD!

地図はこちらです

img_7引用https://goo.gl/pQNiJl


⑤よこはまこすもワールドの観覧車「コスモロック21」

みなとみらい駅から徒歩2分。入場は無料。

覧車に乗るには大人700円がかかりますが、
大人気スポット!デートにもおすすめ。

ただし観覧車はかなり並ぶことになりそうなので、
早めにいきましょう。

地図はこちら


⑥野毛山公園の展望台

ちょっと距離は離れるけど、綺麗に見えるスポット。

離れているので音楽が聞こえないのがデメリットではありますが、
穴場スポットです。

地図はこちら


⑦横浜ランドマークタワー展望フロア「スカイガーデン」

地上69階から見る花火を楽しめる絶景スポット!

スカイガーデンの場所は高さ273mで入場料は1000円かかりますが、
上から見下ろす絶景花火をお楽しみいただけます。

地図はこちらから!


神奈川新聞花火大会の見どころは!


引用:第27回神奈川新聞花火大会/神奈川新聞(カナロコ)https://goo.gl/TU6Ke5

打ち上げ数約15000発、例年約20万人前後の来場者を集める横浜新聞花火大会。


最大の見どころは、関東最大級の直径480mに及ぶ2尺玉と、
ミュージックに合わせてドドンと打ちあげられる大迫力の花火!


横浜の夜景と花火のコラボレーションは本当に贅沢!!
この迫力はぜひともライブでご覧ください♪

早く花火を見たくなってきますね~。


神奈川新聞花火大会で素敵な思い出を♪

混雑するスポットに行かれる方はできるだけ早く、
穴場スポットでゆったりと見たい方は


どこで見るかを早めに決めて時間に余裕を持ってお出かけ下さいね。
今年の開催日程は8月2日の火曜日ですよ!

今年も花火大会で最高の思い出ができますように。
ぜひ参考にしてみてください。

 - 【日本のお祭り】