それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

赤ちゃんのあせも対策は先ずこうする!あせもの基本を知ろう!

      2016/08/28

白くてフワフワ、ぷくぷくの赤ちゃん肌。そんな赤ちゃん肌に心配なのが、「あせも」


きめ細やかな赤ちゃんのお肌は実にデリケートです。大人の三倍汗をかくと言われる赤ちゃんだけに、正しいあせも対策をして、1日でも早く治してあげたいですね。


今日は、赤ちゃんのあせも対策についてまとめてみました。


スポンサードリンク


赤ちゃんの「あせも対策」は愛情を込めて!

驚くことに、赤ちゃんの皮膚にある汗腺(汗を分泌する腺)の数は、大人と同じ数だけあるって知ってましたか!?


あんなに小さな体なのに、汗腺は大人と同数あるのですから、赤ちゃんがすっごく汗をかく理由も納得できると言うものです。


赤ちゃんは意外と暑がりです。ふっくら可愛い赤ちゃんは、くびれているところにすぐに汗がたまります。


あせもは汗の詰まりが原因。汗がたくさん出るほど詰まりやすくなるので、
汗ケアをこまめにしてあげることが、あせもを防ぐことにつながります。


あせもが出来た時も、ひどくならないように優しくケアしてあげましょう。

下記の項目をきちんと確認しながら、赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作ってあげて下さいね。

ひとえにお母さん(もちろんお父さんも!)の愛情が基本だと思います。

  • 適度な室温調整をしましょう。

    扇風機やエアコンなどを利用したりして、できるだけ快適な室温にしてあげたいですね。

  • こまめな汗ケアをしましょう。汗取りガーゼを使うのもGOODです。

  • 通気性・吸収性のいい肌着やベビーウェア・布団などを使いましょう。

  • 汗をかいたらぬるめのシャワーで洗い流しましょう。ぬるめがポイント!

  • おむつはこまめに変えましょう

  • あせもには、ステロイドなどの塗り薬を使用するのが一般的です。


    しかし、刺激が強すぎるものや赤ちゃんには使えないものもあります。

    副作用の心配もありますから、使用前に必ず専門医に相談してみましょう。


赤ちゃんの洋服は、「大人よりも一枚少なく」が基本です。寝て起きた後も、赤ちゃんはびっしょり汗をかいています。


かいた汗を放置しないで、清潔に保つことを心がけてあげましょう。やさしいママの愛情が、一番大切なのです。

スポンサードリンク



そもそも「あせも」ってどんなもの?

あせもは、子どもや特に赤ちゃんに起きやすい皮膚の病気です。


見た目がかゆそうな赤いプツプツしたもので、赤ちゃんのお肌どうしが重なる部分、おしりや頭、首周りに出来やすいです。


そして、あせもには3つの種類があって、赤いプツプツ以外のあせももあります。この際ですから、ぜひ知っておきましょう。


  • 水晶様汗疹=皮膚の表面部分で起きる、白色もしくは透明色のプツプツです。かゆみはありません。

  • 紅色汗疹=皮膚の少し内部で起きる、かゆみや刺激を伴う赤いプツプツです。

  • 深在性汗疹=皮膚の深いところで起きる、ブツブツガ盛り上がるあせも。

    熱帯などの熱い地域や猛暑の中で長時間働く人などに見られる。日本の赤ちゃんには、ほとんど見られないあせもです。

あせもが出来やすい場所ベスト3は、ここです。
  1. お尻や腰周辺
  2. 頭や首回り
  3. 背中

その他にもおむつの中や、関節の部分お腹内ももなど、体の色んな部分にあせもはできてしまいます。


そんなあせもですが、あせもくらい・・なんて安易に放っておいてはいけません。赤ちゃんは体温が高く、とってもあせもが出来やすい体なのです。


あせもは、「とびひ」という膿(ウミ)を伴う皮膚病になってしまう可能性があります


かゆそうな赤ちゃんを見てるのは、本当つらいですよね。体温が高い赤ちゃんのあせも対策は、一年中お母さんやお父さんの注意が必要になります。



あせもがひどいときは直ぐに病院へ!

もしあせもが気になるようならば、迷うことなく小児科や皮膚科など専門医で、医師の診察を受けましょう。


もしも、あせもの治りが悪い場合は、別の病気の可能性も考えられます
病院選びの参考になるのは、やっぱり近くに住むママ友やパパの口コミです。


予防接種やママ教室・赤ちゃん教室などでお近づきになったのも、何かのご縁ですよね。いいお医者さんを探す手掛かりに役立てることも出来ます。


ちなみに、赤ちゃんの病気の専門は小児科、皮膚トラブルの専門は皮膚科です。


通いやすく、信頼できるお医者さんに相談できる環境はとても大事ですし、ご両親が安心できることで赤ちゃんにとっても良いことは明白です。


とにかく少しでも気になることは、ご自身でインターネット等で色々調べてみるのも一つの方法ではありますが、なかなか改善されない場合にはすぐに病院なりクリニックへ出かけて、医師の診察を受けてみて下さいね。



あせも対策の基本は「清潔に!」

赤ちゃんのあせも対策として、汗を拭きとった後ペットボトルのお茶でさっと幹部を拭いて、お肌を乾燥させてからおむつをあてる、という方法もあります。

さっぱりして、とても効果的な方法のようですね。


あせも対策の基本は、清潔な肌の状態をキープしてあげること、汗をこまめに拭き取って、心地いい環境を作ってあげることが大切です。


赤ちゃんが常に心地いい状態でいられるように、やさしくケアしてあげましょう。

赤ちゃんと過ごす素敵な時間が、楽しい思い出でいっぱいになりますように。

 - 【健康・美容】