それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

大寒とはいつまで?その意味と大寒たまごについて

      2017/01/20

日に日に寒くなりますね。毎年この時期になると、ダウンコートを出すか迷います。

今回は、大寒はいつまでなのか?そして大寒の意味と、大寒たまごについてです。


スポンサードリンク

一年で一番寒いのは1月?2月?

一年で一番寒いのは、「大寒(だいかん)」という時期です。

小寒から立春までの30日間を「寒の内」といい、大寒はそのまん中にあたります。

2017年では、小寒は1月5日。大寒は、その15日後の20日となっています。


この「大寒」という言葉、太陰暦(現在は太陽暦)で、1年を24等分したそれぞれの期間を表す「二十四節気」のうちのひとつ。

二十四節気の名称の中には、立春、夏至、冬至などの耳慣れているものや、
春分や秋分のように、国民の祝日になっているものもあるんです。


現在では、国立天文台で推算した翌年の暦「暦要項」が毎年発行されていて、そこに春分や秋分の日が掲載されているそうですよ。


大寒の寒~い行事!寒いからこそもっと寒く!



引用:http://northchiba.net/event.daikanmisogi.html

大寒には行事も多くありますが、中でも特に気になるのはニュースなどで見かけたこともある、禊行(みそぎぎょう)。


一年で最も寒い日に禊をすることで心身を清め、無病息災を祈るもので、海や川、冷水に浸かります。

全国の神社で大寒の日に行われる行事で、どなたでも参加できるようなので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください!

一年で一番寒いのに水に浸かるなんて……!


そのほかにも、大寒には寒稽古を行う武道も多いそうです。

こちらは、心身を鍛えるという目的があると考えると、強くなれそうで良いですね♪


スポンサードリンク


大寒グルメはおいしいだけじゃない♪健康運UP & 金運UP!

大寒の真っ最中!「寒の内」の寒さを利用して、高野豆腐や味噌、お酒、寒天などの仕込みが行われます。


引用:酒どころ「灘五郷」の日本酒寒仕込み/神戸市東灘区魚崎南町 https://www.youtube.com/

寒の内の水は一年の中で最も質が良く、いつまでも腐らないと言われていたため、この寒の内の水=「寒の水」を利用して作るようになった。


腐りにくい水は、長期間保存される食べ物を作るのに最適なのでしょうね。

寒の内に仕込みをしたお酒や味噌や醤油は、「寒仕込み」と呼ばれ、特においしいと言われています。


大寒卵は縁起物!

縁起物として知られているのが「大寒卵」

ズバリ!大寒の日に産まれた卵のことで、これを食べるとその年は健康に過ごせる上に金運が上がると言われています!


寒い時期で卵を産む回数が減るため、ひとつの卵に栄養が凝縮されているのが健康に過ごせると言われるゆえんなのでしょうね。


この「大寒卵」、最近ではネットで予約購入することができるようです。ただし予約数は限定。今ならまだ間に合いそうなので、お早めにご予約くださいね♪


こんなレアな価値がある大寒卵で作るオムレツって、さぞかし美味しいんでしょうね^^


いつもは何気に作るオムレツにも気合が入ると言うものです!


オムレツが上手く作れなくても、そもそも栄養たっぷりの大寒卵!

たまごかけご飯にしたら・・おいしいんだろうなぁ……。


ほっかほかのあったかご飯に、プリプリの大寒卵を乗せたたまごかけご飯!日本人でよかったぁ~!って瞬間ですね^^

 - 【慣 習】