それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

2017西宮十日戎の日程や時間・駐車場はこうなっている!

      2017/01/09

昨日は大阪の「今宮戎神社」について詳しくアップしたので、今回はお隣り兵庫県の「西宮神社」について、詳しく書いていきます。


スポンサードリンク

西宮神社の十日戎は、1月8日(日)から10日(火)までの3日間です。

1/8(日)9:30 招福大まぐろ奉納式


まず1月8日の朝、「招福大まぐろ奉納式」で開幕!
神戸市東部中央卸売市場からの奉納だそうです。

大漁旗で包まれた状態で運び込まれる大マグロ、そのサイズは全長約3メートル、重さは約300kgと、文字通りの大マグロ!
なんとお刺身にして約1600人分!

大マグロが祭壇に上げられ、サイズ発表のあと参拝者がお賽銭を貼り付けるタイムに入ります。

うまく貼り付くと、“お金が身に付く”と言われているそうですよ!


動画をよーく見てみると、皆さんちゃんとくっつくように、ギュギュっと押し付けているのがわかります。

中には1000円札を貼り付けた方もいらしたんですね~!祈願の強さがうかがえます。


1/9(月・祝)14:00 有馬温泉献湯式

さて翌日は、有馬温泉献湯式です。

これは、有馬温泉の繁栄祈願として、有馬温泉から金泉(空気に触れると赤くなる有馬温泉独自のお湯)奉納される儀式。


運んできた金泉を桶に入れ、有馬温泉の芸妓さんがお囃子とともに湯揉みをして、適温になってからの奉納となります。

この奉納されたお湯に1円玉を浮かべて拝むと福が来ると言われていて、まぐろにお賽銭を貼り付けるのと同様、沢山の方がチャレンジします!

有馬温泉献湯式は1円玉を浮かべ拝むと福が来るらしい!引用http://www.arima-onsen.com/news1_1407.html

こちらが1円玉を浮かべる奉納された金泉。ちゃんと浮いてますね^^


1月10日(火)午前4時十日えびす大祭

そして、『本戎』の日を迎えた午前0時、全ての門が閉じられます。
これは「忌籠り(いごもり)」という儀式のため。


「忌籠り」とは、神様をお迎えするために、お祭りの前に穢れを避け厳粛に過ごすことで、この「忌籠り」を行った後の午前4時から6時頃まで「十日えびす大祭」が執り行われます。

スポンサードリンク


1月10日(火) 午前6時開門・神事福男選び

これが終わると表大門が開かれ、お待ちかね!「開門神事福男選び」です!

表大門が開くと同時に、門の外で待ち構えていた参拝者が本殿に向かって猛ダッシュ!!

本殿へ到着した1等~3等までが、 その年の「福男」と認定され、認定証や御神像などが授与されます。

福男には認定証や御神像が与えられます引用http://nishinomiya-ebisu.com/event/photo/14.jpg

翌日は「残り福」。この日は本戎の翌日で特別な行事はありませんが、十日えびすの開催期間最終日となります。ご祈祷や参拝に訪れるのはこの日でもOK!


西宮神社の参拝客は、この十日えびすの期間だけでなんと100万人以上!

さらに屋台は800軒以上!!

大混雑ではあるでしょうが、お祭り!と思うと混雑している方がテンションも上がります♪ワクワクで福をいただきに訪れたいものですね。


福男を目指すには!

西宮神社の十日戎で最も気になるのは、やっぱり「福男」ですよね。

まずはこの「福男」になるには、開門と同時に先頭で走り出せると「福男」になれる確率が高くなります。
では、良いスタート場所をゲットするには?

実は10日の午前0時に、場所とりのくじ引きが開催されます。

このくじ引きで、門前の良い場所からスタートできる人が選出されます。

福男になるための門前のスタート位置は、くじ引きで選出されます引用http://leepi.milkcafe.to/2016-fukuotoko/index.htm

門前はAブロックとBブロックに分かれていて、特にAブロックだと門の真ん前で待機するグループということになります。
そしてAブロックに当選した人は、さらにクジにある番号順にスタート位置が決められます。


ただし、単純に参加するだけならば、午前6時の開門時間に行けばOK。スタート時間はあとになりますが、特に申し込みなどしなくても、誰でも参加可能です。

開門前の緊張感が最高です!

「福男」になると、賞品は基本的に以下のとおりです。

<一番福>
  • えびす様の御木像(大)
  • 半被
  • えびす様お面額
  • えべっさんの酒菰樽
  • えべっさんの米1俵(60kg)
  • ヱビスビール

<二番福>
  • えびす様の御木像(小)
  • 半被
  • えびす様お面額
  • えべっさんの米1俵(60kg)
  • ヱビスビール

<三番福>
  • えびす・大黒様の御金像
  • 半被
  • えびす様お面額
  • 八喜鯛(焼き鯛)
  • ヱビスビール

最大の賞品は、えびす様の御木像とえびす・大黒様の御金像ですが、副賞もかなり豪華!

お米やお酒にビールまでとは、もうこれが「福」♪

福男の景品には豪華な品が用意されています引用http://otakei.otakuma.net/archives/2014012001.html/fuuotoko_keihin

先着5000名は「参拝之証」がいただけるので、上記の門前ブロックに入れなくても、後から参加してゲットするのも良いですね♪


ちなみに!「開門神事福男選び」には女性も参加できます!

いまだ福男に女性がなれたことはないそうですが、参加するだけで福!と考えチャレンジするのも一興。


西宮神社の場所と行き方!

期間中100万人以上が訪れるという西宮神社の十日えびす。もちろん交通規制もかなり行われます。

西宮神社の十日えびすでは、交通規制が厳しく通行止めが多くなります引用http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201501/p1_0007640573.shtml

上の図の赤い箇所は、全て車両通行禁止になるので要注意!
西宮神社内の駐車場は、十日えびすの期間は利用できません。

どうしても車で行きたい!という場合には、近隣のパーキングを利用するしかないですね。オススメは、沿線の他の駅に停めて西宮神社までは公共の交通機関を利用する方法。


西宮神社へは、電車の場合
  • 阪神本線「西宮駅」えびす口より徒歩5分
  • JR神戸線「さくら夙川駅」より徒歩10分
  • 阪急神戸線「夙川駅」より徒歩15分

徒歩圏内に三か所の最寄り駅があります。


バスは、十日えびすの期間中は、臨時便が運行されます。
  • 阪急西宮北口駅
  • JR西宮駅

臨時の直通バスが出ているので、 これを使うと便利。

西宮駅前からすでに屋台が出始め、神社に近づくにつれて人もどんどん増えていくといった状況なので、時間に余裕を持って焦らずお参りできたら良いですね。


西宮駅から徒歩5分とはいえ、ほんのちょっと歩けばすぐ見えるほどの近さです。立地条件が良いというのも、現在まで十日えびすが華々しく引き継がれている理由のひとつですね。

では、最後までお読み頂きまして有難うございました。

 - 【お正月】, 【日本のお祭り】