それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

スカイダイビング体験の感想?こちらはマジで宇宙から飛び降りた!

      2018/03/22

宇宙から飛び降りたって・・・最初見たときは、本当に意味不明でした。。

そもそもスカイダイビング自体、私には絶対に完璧にチャレンジ不可能なスポーツです。

それどころか、わずか数十メートルのバンジージャンプでさえ気絶必死・失心寸前になるのが普通の人間心理だと思っています。

スポンサードリンク

それなのにこの途轍もないチャレンジはもう、完璧にスポーツを超越しています。

だって落下速度がマッハですよ!!度肝を抜くってのは、まさにこう言う時使うのですね。

スカイダイビングをはるかに超越する驚異の動画!

とにかく凄すぎるチャレンジです!

先ずは見てください。一見の価値はあると思いますので!


引用:宇宙からスカイダイビング/https://www.youtube.com/watch?v=HCLn_3Ip9uM

ところで、スカイダイビングと言うスポーツはそもそもどんなものかと、いろいろ調べてみたところ・・『およそ高度1000mから4000mまで飛行機で飛んでいき、そこから一気に飛び降りる。』となっていました。

そして、そのスピード感や体感速度を楽しむレジャーとされています(笑)。

いやいや、これはレジャーとは言えないと思います。スカイダイビングは完全にスポーツの部類に入るものだと断言出来ますよ。


自由に落下すると言っても、そのバランス感覚やパラシュートの操縦テクニックは、相当難易度が高いに違い有りません。

その難度以前に、スカイダイビング体験自体、大きく立ちはだかる大問題がありますよね。。そうです。

飛行機から飛び降りる瞬間のド根性ですよ!!

ド根性と言うか、超絶的なる勇気と言うか、神業的な度胸と言うか。。

まぁとにかく、私なんぞには、もう絶対にムリなのは間違いないです(泣)。

スポンサードリンク


人類初の超音速でのフリーフォールを成功させた猛者!

このスカイダイビング動画の猛者、バウムガルトナーさんは、高度3万9000mからの超絶ダイビングを成功させて、人類初の超音速での自由落下=フリーフォールを成功させたそうです。


凡人の私などは、「なんで時速1000キロでマッハなのに宇宙服みたいなのが焦げないの?」とか、「宇宙から飛び出したのに、なんで浮かないの?」とか・・・

「なんで目標地点にそんなに上手く落下出来るの?」などなど。

その程度の初歩的な疑問しか、浮かんできません。そんな自分が、なんだか淋しいですけどね。。


ちなみに、スカイダイビングの基本的なテクニックを習得するに必要な平均的回数は、約100回程度のジャンプが必要との事です。


・・・100回もですよ!!

やはり私には未知の世界です。

体験も止めて、見て楽しむだけにしておきます(笑)。

 - 【おもしろ動画!】