それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

スキージャム勝山ゲレンデコースはこうなってる!レベル別に解説

      2016/12/09

いよいよスキーシーズン到来ですね^^

今回は、西日本最大のスキー場「スキージャム勝山」のゲレンデコースを、技術レベルに分けて、分かりやすく解説します。

より分かりやすくするために、下のように3段階に分けてみますね。

  • レベルA=ボーゲン(スキーをハの字形にして何とか滑れる)

  • レベルB=ボーゲンより進化して急な斜面以外ならそれなりに滑れる)

  • レベルC=急斜面やコブ斜面も一応滑れる=1級~2級レベル

さぁ早速いきましょう!

スポンサードリンク

スキージャム勝山は大きく分けて3つのゲレンデ!

  • ゲレンデに向かって一番手前がバラエティコース

  • その上方のゲレンデがファンタジーコース

  • その右側・・と言うか、奥の方にあるイリュージョンコース

スキージャム勝山は、3つのゲレンデコースに分かれています引用元http://www.skijam.jp/winter/gelande/index.html


バラエティコースはゆったり楽しむ初心者向き!



引用元:スキージャム勝山オフィシャルhttps://www.youtube.com/watch?v=GKh8p79_3eY

これは、どのスキー場でもそうであるように、レベルA向きです。

最初に4人乗りクワッドリフトで降りた場所から、そのまま真っ直ぐに右側方面へ滑っていくと、林道コースになります。

バラエティコースは、林道があって初心者でも滑りやすいです引用元http://www.skijam.jp/winter/gelande/index.html

ここを、のんびり延々と緩やかな緩斜面が続きますので、レベルA=ボーゲンがやっと出来るようになった初心者レベルには、打ってつけの斜面です。


ただレベルBには、平凡すぎるつまらない斜面ですので、クワッドリフトを降りたら「すぐに左側へ曲がって」逆戻りして下さいね。


すぐに中斜面になり、緩斜面⇒中斜面と続きますので楽しめます^^


どちらを滑っても、コースの2/3ほどで合流するので、そこからは気持ちのいい緩斜面が眼前に広がります。

基礎練習をみっちりやるには持って来いの広大な斜面です。

スキージャムのゲレンデは広大な緩斜面で基礎練習に最適です引用元http://www.skijam.jp/winter/gelande/index.html


ファンタジーコースはまさに絶景!

先ほどの4人乗りクワッドを降りたら、そのままずーーっと真っ直ぐ滑っていくと、前方ななめ右側に、また4人乗りクワッドが見えます。

それに乗った場所が、ファンタジーコースです。

お天気のいい日には、まさに絶景が楽しめます。記念写真に持って来いのスポットですよ^^

ファンタジーコースの頂上では、絶景が楽しめますよ引用元http://www.skijam.jp/winter/gelande/index.html

このコースは大きく2つに分かれていて、斜面谷側に向かって、右側も左側も斜度は中斜面。

レベルAのスキーヤーでも、安心して滑れます。

途中にコブ斜面はないので、ここで大回りや小回りの練習するのも最適ですね。


特に右側のコースは、クワッドリフトの視線をギンギンに感じながら滑ることになるので、自信のある人は、ここで目立ってください(笑)。


両方ともにコース途中でも、幅が狭くなる場所もありませんから、後ろからの暴走スキーヤーが怖い!という事もほとんど無いです。

スポンサードリンク


イリュージョンコースはハード!中~上級者向き

ここの行きかたは、少し分かりにくいので注意が必要!

ファンタジーコースのクワッドを降りたら、「必ず斜面谷側に向かってゲレンデの左側を」滑り降ります


ここでゲレンデの真ん中や右側辺りを滑ってると、イリュージョンサイトへは行けませんよ!


なるべくゲレンデ全体の左側を滑りながら進むと、イリュージョンサイトのリフト乗り場へ連絡するコースが見えるので、
そこを左折します。と言うか、Uターンすると、ななめ下のほうに乗り場が見えます。



最初に3人乗りトリプルリフトに乗ります。このリフトは、イリュージョンコースの4人乗りクワッドに乗るための連絡リフトの役目です。


このリフトを降りて右側へ進み、しばらく緩い斜面が続くと、少し中斜面があってレベルAの人には少し恐いかもですが、コブはほとんど出来ない斜面なので、ゆっくり滑れば大丈夫ですよ。

そして、4人乗りクワッドに乗って頂上目指します!


このクワッドを降りた場所が、スキージャム勝山での最高地点であり、標高1320m。

イリュージョンコースのコブ斜面は相当ハードなんです引用元http://www.skijam.jp/winter/gelande/index.html

お天気の日には、目の前に白山連峰がその威容を楽しませてくれます

すごい絶景です!
とても言葉では言い表せません。

ぜひ体験されてくださいね。


ちなみに、リフトを降りてから、そのまま真っ直ぐに進むと目の前に小高い丘みたいな斜面があって、そこを歩いて上って行き、さらなる絶景を見に行く人もたまに見かけます。私は登ったことがありませんが。。


さて、このイリュージョンコース。
レベルCのスキーヤーには「待ってました!」なコースです。

ざっくり2つのコースに分かれていますが、どちらもレベルAには、かなりキツイ斜面になるので、 体力に自信が無い方なら控えた方がいいかもです。


コースもかなりロングになるので、たとえレベルCであっても 「疲労感マックスになること間違いない」です。


斜面谷側に向かって右側のコースはコブ斜面が続くハードなバーンで、コブ大好き人間には面白くて仕方ないですが、レベルB程度だとはっきり言って相当ハードです。
自分をいじめたい人はチャレンジして下さい(笑い)。


斜面谷側に向かって左側コースは、ふもとまで中斜面が延々と続き、しかもコブ斜面はありませんので、レベルA・Bともに充分楽しめます。


ですが中斜面と言っても、ファンタジーコースの中斜面と比べれば、かなり斜度は高くなるので、いきなりノンストップで下まで滑ると、間違いなく太ももが引き攣ります。


コブが無いとは言え、マジでハードな斜面ですので、このコースは、レベルが高めのスキーヤー向けです。

間違っても、ボーゲンも出来ないレベルA以前の人は行かない方が賢明です。

・・と言うよりも、そもそも、そこまでたどり着かないと思いますが・・(失礼言ってゴメンナサイ)

スキージャム勝山のゲレンデコースはいろいろ楽しめる!

以上ざっくりした解説ですが、参考にして、めいっぱいスキーやボード楽しんで下さいね!

スキージャム勝山のスケールは、本当にでっかいです!

白馬の八方尾根や野沢あたりと比べても、互角の規模を誇ります。

スキージャム勝山!
本当はんぱないです!

 - 【スキー】