それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

神棚の【雲】の意味とは?正しい貼り方はこうする!

      2019/02/22

さて早速ですが、神棚が祀って(まつって)ある場所の天井に、雲と書いてある貼り紙を見かけたことはありませんか?

画像にあるような、神棚の上に【雲】や【天】と書かれた文字ですね^^

神棚の上に雲の字が貼ってあるのはなぜか知っていますか引用元:http://goo.gl/ZbVlEb

この、雲や天と描かれた文字には、一体どのような意味があるのか?

また、神棚の雲の正しい貼り方はどうすればいいのか?

そんな疑問を、わたくしブログ管理人が徹底的に調査してみましたので、当ブログを訪れて下さった皆さまに分かりやすく、スッキリとまとめてみました^^


スポンサーリンク

神棚の【雲】の意味とは?

神棚を設置する場所を選ぶ時、基本的には神棚を祀ってある上部を歩くことになるような場所は、出来るだけ避けるのが、日本古来からの慣習です。

さてここで、最初にご紹介した【雲】や【天】の文字が登場するのです!

たとえば住居が一戸建てではなくて、マンションやアパート・団地などにお住まいの方も、もちろん大勢いらっしゃいますよね。

そのようないわゆる集合住宅の場合には、【雲】を天井に貼る意味が、より鮮明になってきます。


日本における神道では、神棚の上は『何もない』とされていて、【神棚=神様(家を守ってくれる守り神)の上に何かあってはいけない】とみなされています。

しかし実際には、それが難しい場合が多々あるのが現実なのです。

より具体的に説明してみましょう。

神棚の雲は、ここは空でこの上には何もないを意味します引用元:http://goo.gl/T16bbV

たとえば2階建ての家の1階に神棚を祀った場合、言うまでもなく2階でも家族が日常生活をします。

また、マンション・アパートの場合は、上の階層でも人々が生活をしますし、会社がビルのテナントに入れば、上の階層で別の会社が仕事をしていますよね。


そこで、神棚の上(天井)に【雲】【空】【天】等という文字を書いた紙を貼り付けることで、『ここは空です。この上には何もありません』と表現するようになったと言う訳なのです。

【雲】と書いた紙を天井に貼ることによって、『神棚の上方には、もう何もありません。この神棚は、絶対的に神聖な空間です。』と見なすのです。

現実には神棚が祀ってあるその上層階に人が住んでいたり、または事務所などが入っていたりしますね。

そんな状況でも、雲の貼り紙によって常に神棚自体を神聖で神々しい場所に清め続けるわけです。

とても大和の国らしい、たいへん神秘的で清々しい意味合いですね。

スポンサーリンク


神棚の【雲】には2種類ある!

この【雲】を表現するものには、実は2種類あって、それが【雲字】と【雲板】となります。

それぞれの特徴は、こうです。
  • 雲字とは

  • 雲字とは先程お伝えしたように、天井に【雲】と言う字を書いた紙を張り付けるものを言います。

    この画像のような感じですね。

    神棚の雲を表すものは2種類あり、雲字と雲板です引用元:http://goo.gl/MgB6Tm

    この【雲字】には、紙に書いた「書き文字」のほかに、木材で作った「抜き文字」などの様々な種類があります。


    btdn_sng420010342引用:http://goo.gl/75OjAe

    紙に書いたものでは、半紙などで書道のように書かれたものなどが一般的でよく見かけますが、これに特段決まり事がある訳ではありません。

    ですので、自分が手書きで清書してから神棚の上の天井に貼り付けても、全く問題はありません。

    その他、懇意にしている方にお願いして書いて頂く方もおられたり、あるいは神社で頂く方もいらっしゃるようですね^^

    そこは人それぞれのやり方で、雲字を書けば大丈夫なのです。


  • 雲板とは

  • 雲字と同様に、天をあらわしている雲板は、神棚の前面の上部に天や雲のようなデザインを施したものです。

    その意味は雲字と同じく『この上には何もない』との意味を表しています。

    雲板が意味するのは雲字と同じで、その上には何もないです引用:http://goo.gl/zklnWD

    神棚の前面、上部に取り付けることは共通なのですが、デザインには決まった型はありません。

    必ず取り付けなければならないものではありませんが、取り付けることにより神棚がいっそう豪華な印象になりますよね^^

    雲板の意味も、「この上には何も無い」を表しています引用:http://goo.gl/yKR2yt

神棚の【雲】の正しい貼り方はこうする!

雲字の貼り方(天井に貼る向き・方向)にはいろんな説があるようなので、文献でもネット上でも徹底的に調べてみました。

しかし結局のところ、「これが正しいという決まり事は無い」ようです^^

でも本当はどうなのかと疑問に思い、地元の伝統と由緒ある【熊野神社の神主さん】へ、直接電話して問い合わせてみました!

その答えは、こうです。

特に決まり事はありません。

雲字を貼る向きによって神様の御利益(ごりやく)が左右される事も無いです。

その上で、「あえてこだわるならば、神棚側から見て雲字が正面に見える貼り方が良いです。」との回答でした。

数百年にわたる悠久の伝統を持つ熊野神社の神主さんがおっしゃる事ですから、間違いないですね。

参考にされて下さい^^

雲字の貼り方は神棚側から見て雲字が正面に見えるのが良い引用:http://goo.gl/zklnWD

ちなみに我が家では、元旦の初詣を済ませてから、じっくりと書初めで「雲」を揮毫(きごう)しています。

揮毫などと書くと大げさですが、年の初めの清清しい気持ちの中で「雲」を書き初めすることで、神様への畏敬の念(感謝の気持ち)を表したいと思うのです。

これは本当にオススメな方法です。とても晴れやかな、すがすがしい気分になれますよ^^


また、神棚に関連したことですが、お正月の縁起物である【破魔矢】を神棚に飾るご家庭も多いと思います。

神棚に魔が入り込まないよう、魔を打ち破ってくれる破魔矢の正しい飾り方はこちらから!
  ↓  ↓  ↓
≪破魔矢の正しい飾り方!場所は神棚か玄関?処分はどうすればいいのか?≫

年の初めの清らかな気持ちで「雲」を書き初めするのです

神棚を設置する基本形とは?

ところで、肝心の『神棚を設置する正しい場所』についてはご存知でしょうか?

誤って、間違った場所に設置したりしていませんか?

基本的に、神棚を祀る場所は、南向きか東向きになり、明るく清浄な場所が良いとされています。

そして、大人が見上げる程度の高さに棚板を設置して神棚を祀る(まつる)とされています。

ご家庭の場合なら、家族がいつも集まり、毎日親しみを込めてお参りできるような場所であることも大切ですね。

神棚の配置やお供えの基本形は、こちらからどうぞ!
  ↓  ↓  ↓
≪正月神棚の配置やお供えの基本とは?鏡餅はどうするの?≫

神棚を祀る場所は南向きか東向きで清浄な場所が良い。
また、神棚におまつりする【お札】を処分する時って、「どうするのが正しいんだろう?ちょっと困ったなあ」となりませんか?

神棚のお札交換や正しい処分方法は、下記からどうぞ!
  ↓ ↓ ↓
≪神棚のお札交換や正しい処分方法とは?ゴミ箱に捨ててはいけない!≫


神棚の【雲】の意味と正しい貼り方『まとめ』

ご家庭にしても事業所にしても、神様をおまつりする神棚は『ますますの健康とさらなる繁栄を見守って下さる目には見えない力』が宿っています。

そしてそれは、『神様が宿る空間』であり『見えざる大いなるエネルギー』なのです。

神棚の上部に【雲】を貼り付けること、または【雲板】を設置することは、神棚が神聖で厳粛な場所(空間)であることを、より強調しているのです。


『ここは空です。この上には何もありません』

とても心地よい響きに感じます。


今回、雲字を天井に貼り付ける習慣をいろいろと調べてみて、これは日本人の本当に素晴らしい慣習だなあと、心から誇りに思いました。

これからも、常に感謝の気持ち・ありがとうございますを持ち続けていきたいと感じています。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました^^

 - 【慣 習】, 【暮らしの疑問】