それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

お墓参りで正しい線香の本数や向きとは?基本マナーを知ろう!

      2017/03/11

毎年、お盆やお彼岸にはお墓参りをしてご先祖様に両手を合わす。日本の伝統ある厳かで大切な慣習ですね。


さてそのお墓参りですが、お線香をお供えするときには、どういうふうにどんな手順でお供えしますか?ただ何となく済ませている方が、以外と多いのではないでしょうか。


この機会に、正しいお線香の本数や向きを知って、迷うことなく厳かな気持ちでお参りをしたいものです。


今回は、お墓参りのお線香の数と向きについて分かりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

お墓参りでお線香を供える本数とその意味

そもそも、お線香を供えること自体にはどういう意味があるのか、そこからスタートしましょう。


お線香の役割には、4つの謂れ(いわれ)があります。

  1. 煙を通じて仏さまとお話しする

  2. 仏さまのお食事としてお供えする(仏さまは線香の煙で満腹になる!)

  3. 自分の身を清め心を鎮める

  4. その場所を清める

上3つの場合は、煙が一筋あれば出来ることなので、1本~3本くらいのお線香をお供えする事で大丈夫そうですが、4番目にある「場所を清める」ためには、お線香を焚きしめてお墓周辺を煙で覆わないといけないので、お線香を束にして火をつけても良いのです。

太い束にしてモクモクとお線香を焚きしめるのは、場を清める意味が込められているのですね。


さらにお線香には、良くないモノ(邪心や邪悪・怨念)を追い払う力があります。お仏壇に毎日お線香をお供えするのも、お食事としての意味合いがあるのですね。


その独特の香りと、穏やかな心で両手を合わせることそれ自体が、お食事の意味合いをも持つことになるのですね。

線香は、邪心や怨念など見えざる邪悪を追い払います。

お線香の供え方は宗派によって違う

お線香の本数は3本程度で大丈夫なのかな、と思っている方が意外と多いかと思いますが、ちょっと違うようです。

宗派によって、お線香の供え方はそれぞれ違うのですね。


◆天台宗・真言宗は「3本」


仏・法・僧のそれぞれに1本ずつで、合計3本のお線香をお供えします。
  1. 仏=お釈迦さま
  2. 法=仏の説いた教え
  3. 僧=仏の弟子
という解釈が一般的で、この3つを合わせて「三宝」といいます。


◆日蓮宗・臨済宗・曹洞宗・浄土宗は「1本」


浄土宗や曹洞宗・浄土宗は、1本を2つに折って寝かせて供える(=寝線香)場合もあります。


寝線香の場合は、「火のついている方が左手」になるように置くのが正式なお供え方です。


◆浄土真宗(宗派によっていろいろですが)「1本で寝線香」


一口に浄土真宗といっても、各宗派によっていろいろ違いがあります。

基本的にはお線香1本を寝線香とする形ですが、これも絶対ではありません。


どの宗派の供え方も、お坊さんの考え方によってお作法が違う場合があります。

それにくわえて地域によっても、お墓参りの方法が全然違う場合もありますので、お線香の本数は○本だと一概には断定できない部分が少なからずあるようです。

スポンサードリンク



婚家のお墓参りでやり方がよく分からない場合は、一歩下がってその親族での正式なしきたりをキチンと確認してみる方が無難ですね^^

いずれにしても、初めてのお墓参りの場合には、これまでの自分のやり方とは違う可能性が高いことを意識しておくことが重要です。


色々な香りのお線香があるけれど、お墓にはどれなのか?

お線香の会社のサイトを見てみると、仏事用のお線香だけでも、包装が豪華な贈答用からお墓参りセットまで、思っていた以上に種類が豊富で正直驚きました。


香りもたくさんの種類がありますが、主には白檀(びゃくだん)を主流として、伽羅(きゃら)や沈香(じんこう)などがあるようです。


白檀は、英語だとサンダルウッドと呼ばれる木で、さわやかな甘い香りがする常緑樹です。
香木として、古くから使われてきたのですね。


QOpO1a引用:http://goo.gl/owUa4E

沈香は、ジンチョウゲ科で正しい名前は「沈水香木(じんすいこうぼく)」。生木の時は無香ですが、熱すると良い香りがし始めるそうです。

aeNCd6引用:http://goo.gl/mvq6OS

伽羅は、沈香の中でも特に質の良いもののことで、ワシントン条約の希少品目第二種に指定されている貴重な木なんですよ。


お線香は大きく分けると、「お墓参り用」と「仏壇用」になっていますが、お墓参り用として売られているのは「杉線香」というものが多いです。

杉の葉を細かく挽いて、お湯で練るのが正式な作り方です。

a2SoXv引用:http://goo.gl/RWg9Vu


火をつけると杉の木の良い香りが立ち込めて煙が多いのが特徴で、その煙の量のために仏壇よりもお墓参りに最適とされているようです。


逆に仏壇用には、煙の少ないタイプで色々な香りのお線香が発売されているので、お線香を焚く人が「良い香りで心が落ち着くなあ」と思えるものを選ぶのが良さそうですね。


お菓子とのコラボ線香まである!?

最近では、お菓子とのコラボ線香もあるんです!

いくつか種類があるんですが、どれもおいしい香りがしそうですよ♪

img60120434引用:http://goo.gl/lfoDoQ

wZC88l引用:http://goo.gl/Qr1fGT

CosGa6引用:http://goo.gl/GhIHPG

こんなお線香も、遊び心があっておもしろいですね。

お彼岸には、落ち着いた穏やかな心を持ってお墓参りに行きたいものです。


お墓参りでの正しい線香の本数や向き・基本マナー「まとめ」

お線香には4つの謂れがあることや、お供えするお線香の本数は宗派によって違うことが分かりましたね。

お彼岸やお盆でお墓参りに行ってみると、たまにすごいお線香の煙がモクモク漂っているお墓を見かけるものでしたが、その疑問がようやく解けました。

お線香の煙には、その場を清める意味合いが含まれていたんですね。


今年のお彼岸には、お線香の煙がご先祖様のお食事にもなるんだとの気持ちも含みながら、心静かに感謝の気持ちを伝えていきたいと思います^^

 - 【慣 習】