それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

喪中に初詣へ行くのはダメなのか?神社とお寺での違いもあった!

      2022/01/10

この記事は、喪中に初詣へ行くのはどうなのか、について書いています。

さて、家族に不幸があって喪に服している期間を、「喪中」と言いますね。

一般的には、喪中の期間は1年間とされています。


この喪中には、神社や仏閣へのお参りなどは控えるようにと言われており、多くの書籍等でも指摘されているようです。

しかし、これは誤解も含まれた解釈だと言う事は、あまり知られていません


そこで今回は、喪中の期間に初詣へ行くのは本当にダメなのか?

そして、神社とお寺ではどんな違いがあるのかについて、徹底的に詳しく調べてみました。

本当はどうなのか、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

喪中に初詣へ行くのはダメなのか?その結論は

早速ですが、結論から行きましょう。

喪中の最中では、お正月のおめでたい期間に神社へ参拝(初詣)に行く事は、あまりよろしくはないようですので控えたほうが無難です。

お正月に神社の初詣をするのは見送るとして、小正月(1月15日)か立春(2月4日)あたりに参拝するといいでしょう。

もし行かれる場合には、事前に神社へ『喪中の参拝について問い合わせてみる』と安心です。


一方、お寺で初詣のお参りに出かけるのは全く問題なく、両手を合わせて参拝することはOKですよ^^

故人をしのぶ静粛で厳かな気持ちと併せて、新年を迎えての感謝の気持ちが何よりも大切になるのですね。


神社とお寺では『喪中に対する考え方』が違う

先ずそもそも論として、神社とお寺を一緒に考えている事自体が大きな間違いで、神社とお寺では、【死に対しての考え方】が根本的に違います。

神社の場合死とは【忌み嫌うもの】【不浄なもの】であり、死は「穢れ=ケガレ」であると考えます。

そのために、神社のお社(おやしろ)の中での葬儀は出来ないとされています。

ケガレている間は、神社の鳥居(とりい)をくぐることは厳禁とされているからです。


ちなみに鳥居には、私たち人間の世界と神様の領域とを仕切るもの(=結界)との意味合いを持っています。

そう言えば、神社でお葬式なんて聞いたことがないですよね。

鳥居をくぐった場所は、神様の神聖なる敷地なのです。


神社へお参りに出かけた時、鳥居をくぐる前に一旦立ち止まって深々とお辞儀をする人を見かけるものですが、その意味がよく分かります。

記事と若干だぶる箇所もありますが、下記の動画でもよく分かると思いますよ^^



一方仏教の場合は、【死】とは【ケガレではありません】。

お葬式は、お寺の本堂を式場として行われますし(寺院葬と言います)、初七日法要や四十九日法要もお寺で執り行います。

本堂にお祀り(おまつり)してある御本尊に、厳かそして清らかな心で手を合わせてお参りをするわけです。


仏教においては、喪中であってもそうでなくとも、『大切な人を亡くした後だからこそ手を合わせる。両手を合わせることで仏様(=亡くなった方)と一体になれるのであり、手を合わせること自体を大切にする』という考え方が根本にあるのです。

ですから、喪中の期間中であってもお寺へお参りに行くことに関しては、何の問題もありません

スポンサーリンク


喪中での初詣、神社とお寺ではどう違うのか?

初詣に関しても、「お寺での参拝は問題はない」と言うことになります。

そもそも初詣とは、根本的に「前の年一年間の感謝と併せて、新年のあいさつをする」ことが目的です。

ですから、たとえ喪中の期間であっても、感謝の気持ちを大切にしながらお寺へお参りに行かれるのは良い事なのです。

お寺へ初詣で参拝するのは、喪中の期間内でも問題ないと言う事になります。


※喪中期間とは=不幸があってから49日の明けまでを【忌中】と言い、【喪中】は「亡くなった人を供養することに専念しながら慎ましい生活を送る期間」を表し、一般的には不幸があった以降の1年間となります。

喪中の初詣は、お寺への参拝ならば問題ないのです。
また、神社によっても解釈や考え方は様々です。

【喪中期間中の参拝は避けるべきだ】という考えもあれば、【喪中期間でも忌中が明ければ参拝しても良いでしょう】という考えもあります。


しかし、「喪中に初詣に来てはいけない」と言う神社ばかりではありません。

それぞれの神社に立ち寄る前に一度確認してみるのが、もっとも間違いのない確実な行動となりますね。

 - 【お正月】, 【慣 習】, 【暮らしの疑問】