それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

クラシック初心者おすすめ名曲集!これだけは見逃せない有名な曲!vol.2

      2016/11/14

さて引き続き、クラッシック音楽を今から極めようとする初心者へ送るおすすめ名曲ご紹介シリーズ。

これだけは見逃せない曲を厳選しましたよ。クラシック歴40年のわたくしが、自信を持ってご紹介します!

スポンサードリンク

とかくクラシック音楽は演奏時間が長いので、いいとこ取りをつまみ食いしながらレパートリーを増やしましょう。

では早速行きましょうか。今回はワーグナー、ドビュッシー、ラヴェルの有名な曲です!


超おすすめ名曲・先ずはこれ!

ワーグナー作曲/歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲


引用:ローエングリン WWV. 75 第1幕への前奏曲/名曲クラシック&ジャズ/https://www.youtube.com/watch?v=Aw1TjMpcT98

題名がやたら長いですが、曲自体は10分程度です。前回と同じように、演奏時間がなるべく短くて、超美しい曲を選びました。


曲の冒頭は、ヴァイオリンのピアニッシモ=最弱音から始まり、非常に透明感のある澄みきった高原のそよ風の如し。


まるで早朝の澄み切った清清しい空気を思いっきり吸い込むような。。何も考えずに、ただただ限りなく拡がる大空を見上げているような。。

何とも言えない荘厳な空気が漂います。


ワーグナーと言う作曲家は、「楽劇」というジャンルを開拓した革新的な天才です。

いくつもの歌劇や楽劇の前奏曲や序曲は、どれもが劇的な表現で美しい曲が多く、私も大好きな作曲家です。

天才ワーグナーはドイツロマン派を代表する作曲家です引用http://4ba4a1da.blog63.fc2.com/blog-date-201007.html

その中で「ひとつだけ選べ」と言われるならば、このローエングリン第一幕前奏曲ですね。

ドイツロマン派の頂点を築いたワーグナーの真骨頂を感じます。


いまこの瞬間ワーグナーを聴きながら、深遠で永遠なる魂を感じずにはいられません。

まさにリヒャルト・ワーグナーの魂ここに有り。

思わず涙腺がゆるむほどに美しく澄み切った音楽。まったく美しすぎます。

なお動画は音声のみですが、ご了承下さいね。この演奏がとても良かったので。


次なるクラシックおすすめ名曲は

ドビュッシー作曲/「牧神の午後への前奏曲」


引用:Debussy : Prélude à “L’après-midi d’un faune”
funapeemusica/https://www.youtube.com/watch?v=ZVlyXh87b1g


近代フランスを代表する大作曲家であるドビュッシー。
その代表作のひとつ、牧神の午後への前奏曲。

クラシック近代音楽を語るとき、絶対に何が何でも外す事は出来ない不滅の名曲です。

クラシックと言えば、ベートーヴェンのジャジャジャジャーン!運命!となりますが、牧神の午後への前奏曲は、運命の次にくるくらいに超有名です。ちょっと異論が出てくるかもですが、それほどの名曲だと言う事です。

10分ほどの短い演奏時間の中で、ドビュッシーの天才性が存分に発揮されていて聴く者を驚かせてくれます。

スポンサードリンク



なんとも掴みどころのない、ふんわりほんわかした感覚。。
とでも言おうか、

終わったような、まだ続くような・・冒頭部分のフルート独奏に始まり、ホルンの二重奏が消えていく様は、これぞフランスのエスプリを感じます。

ドビュッシーは全く新しい境地の名曲を生み出しました引用http://ml.naxos.jp/album/290440

ドイツロマン派音楽の正反対と思えばいいかもです。ちょっとニュアンスは違いますけどね。

聴いていくうちに、なんとなく分かってきますよ。フランス音楽とドイツ音楽の違い。


ベートーベンとドビューシーの違い。ブラームスとラヴェルとの違い。ざっくりこんな構図て両者が存在しています。

こんなの覚える必要なんか無いですよ(笑)。どう感じようが、人それぞれですからね。


さて、これだけは見逃せない名曲3つ目は

ラヴェル作曲/「ボレロ」


引用:Maurice Ravel Bolero London Symphony Orchestra Valery Gergiev/https://www.youtube.com/watch?v=dZDiaRZy0Ak


出ました!ボレロ!
待ってました!って感じです。

これはクラシック音楽に興味ない人でも、「かっこえーなー」と思うんじゃないかと。


小太鼓が同じリズムを15分間ひたすら繰り返す中で、たった二つのメロディがいろんな楽器で繰り返し演奏され、段々とクレッシェンド=音量が大きくなっていき、

クライマックスではオーケストラの大音響で華々しく曲を閉じます。


生のクラシックコンサートでは、このボレロが最後の曲になるコンサートプログラムが多く、曲が終わった瞬間、聴衆からの「ブラボー!」が一斉に絶叫される流れになる。

このブラボーについては色々思うところありなので、下記の記事を読んでみてくださいね。

「クラシックコンサートで耳にするブラボーはマナー違反か?」


ブラボーの怒号はともかく、ボレロも、さきほどのドビュッシーと同じく近代フランス音楽を象徴する名曲中の名曲

モーリス・ラヴェルの代表作はと問われれば、即座に「ボレロ」!となるのです。

ボレロはラヴェルの大作曲の地位を不動のものにしました引用http://blogs.yahoo.co.jp/mitosya/39713232.html


これを知っただけでも、あなたはもう相当なクラシック音楽通ですよ!

だって、フランス近代の巨匠二人の代表作をもう知っているのですからね!
そんなものですよ。


今回も演奏が短めの有名クラシックおすすめ名曲を3曲を選びましたが、まったく不思議なことに、曲を聴いていても、10分や15分という時間の経過を忘れさせてくれる摩訶不思議さ。

これもまた、天才の成せる技なのでしょうね。

特にボレロ。あっと言う間の15分間を堪能して下さい。

 - 【クラシック初心者おすすめ名曲集】