それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

お中元の時期はいつからいつまで?正しいマナーを知ろう!

   

子どもの頃は、夏と冬に続々届くプレゼントが嬉しいものでした。
特にジュースだと大喜び!

それがお中元・お歳暮だと知ったのは少し大きくなってからで、
もらっている分こちらからも贈りまくっていると分かって
衝撃を受けたものです。

大人になった今になって思うと、
前の年にくれた方のリストを作っておかなくちゃいけないのは超面倒だし、

物を贈って物を返してもらうなんて無駄遣い~!と
思わずにはいられないし、なかなか大変な行事ですよね。

スポンサードリンク


そこで今回は、お中元の時期っていつからいつまでとか、
お中元の正しいマナーはどうとか、
目先のお中元について調べました!


お中元の由来は?

「中元」て文字だけだと、全然意味が読み取れない言葉ですよね。

実はお中元は、中国からやってきた言葉なんです。

1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、 10月15日の「下元」それぞれで、神様をまつる風習『三元』が日本に入ってきたのが最初。

画像01
これが、同じくらいの時期に日本に入ってきた仏教の盂蘭盆会
(うらぼんえ/お盆の正式名称)と合わさって、

7月15日の「中元」の日にご先祖の供養をしたり、
親戚にお供え物を配ったりするようになったんです。


その後江戸時代に入ると、親戚だけでなく
お世話になった人にも配るようになり、

いつしかそれがお供え物ではなく、
1年の半分が終わるにあたり感謝の気持ちを贈る、

という風習に変わっていきました。


お中元を贈る正しい時期はいつからいつまで?

お中元は上記のように古くからの習慣なので、
もちろん最初は旧暦で行われていた行事です。

これが現代に伝わるにつれて変わってきているのですが、

東日本:7月初旬~7月15日
西日本:8月初旬~8月15日

と一ヵ月ズレて行われるのが普通です。


さらに、最近では東日本に合わせる形で、
全国的に7月に行われるようになってきています。

画像03引用:http://goo.gl/hHUdQk

デパートではお中元の時期になると、
催事場が作られまとめて発注できるようになりますが、

催事は6月頭からスタートする店舗がほとんどです。


早い方の7月15日に間に合うようにと6月から催事が始められるのですが、

お中元は7月15日まで、という時期が全国に浸透したのは、
おそらくここからなんでしょうね。

デパートで購入する方は6月初旬までに住所録の用意を!

画像04引用:http://goo.gl/XbD7iL

最近ではネット通販でも、お中元を手配することができます。

7月に入ってから注文すると混雑して、
配送に時間がかかってしまう場合もあるので、

こちらも6月中に注文できるよう、
今から良さそうな商品を見つくろっておいちゃいましょー♪


ちなみに、目上の人に対して商品券を贈るのはNG

ビールやハム類が人気商品ですが、贈る相手の家族構成などを考慮しつつ、
お相手に喜んでいただけるものを選んで贈るのがベストです!

スポンサードリンク


お中元の相手選びは?正しいマナーを知ろう!

お中元を贈る相手は決まっていますか?

基本的には両親や親戚、仲人、上司あたりがメジャーですね。

ただ、感謝の気持ちを伝える贈り物なので、
お世話になった先生や先輩、知人に贈る場合もあります。


中でも仲人さんには、最低でも結婚後3年はお中元とお歳暮を贈るという
しきたりがありますので、新婚さんは忘れずに贈りましょう♪

画像05引用:http://goo.gl/Bz3VLv

気を付けたいのが仕事関係。

たとえば私が勤めている会社は、お中元もお歳暮も禁止令が出ています。

個人で上司に贈るのもNGだし、会社間での贈り合いもないよう
取引先には社長名で連絡しています。

こういった会社にお勤めの場合には、
お世話になっている上司や先輩にも贈らない方が無難なので要注意。


お中元の相場はいくら?

画像07引用:http://goo.gl/9mKQGH

贈る相手が決まったところで、
予算を確定するためにも相場が知りたいところ。

一般的には3千円~5千円が相場とされています。


初めて贈る場合には、この相場の範囲内で決めれば良いでしょう。
既にいただいている場合には相場も意識しつつ、
できるだけいただく物と同程度の金額にできると良いですね。


お中元とお歳暮の両方を贈る場合には、
お歳暮のほうを高価にする傾向があります。

画像08
なので、たとえば昨年のお歳暮をいただいた方に
お中元を贈ろうとした場合、

いただいた物より少し価格を下げたものを贈るのが正解


また、お中元をやらずお歳暮のみ贈る、という方もたくさんいます。

お相手のやり方に合わせた方法をとるのも
気づかいのひとつですね。


やっぱり毎年、誰がいつ何を贈ってくれたのか、
まとめて書いておくメモは必須ですね~。

エクセルにまとめておくと便利かもしれません。


今年はお中元に参加してみよう♪

画像10引用:http://goo.gl/lwhkKl

実は身の回りの同世代以下では、
お中元のやり取りの話を聞いたことがありません。

でも、結婚して仲人さんに贈るところから、
可能であれば会社の上司に贈ったり、

もちろん実家に贈ったりという形で、
だんだん参加していく行事なんですよね。


いまだ実家に住んでいる私は、父宛に届くお中元が大好きです♪

特に毎年アイスクリームを贈ってくださる方がいて、
到着すると万歳三唱!

いただいて嬉しいと感じるんだから、
私からも誰かに嬉しいと感じてもらえるお中元を、
今年は贈ってみようかな~♪

 - 【暮らしの疑問】