それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

ひな人形の賢い選び方と上手な買い方とは?

      2017/01/21



今回は、ひな人形を買おう!となったときのチェックポイントや選び方を伝授します♪


スポンサードリンク

ひな人形を選ぶときのチェックポイントはココ!

まずは、ひな人形を選ぶときにチェックするべきポイントをご紹介します。

◆ひな人形のサイズ

1年の大半を収納した状態で過ごすひな人形。収納場所の確保は最も重要なミッションです!

さらに桃の節句で飾るときにも、小さなお子さんが小物を誤飲してしまわないためには、手の届かない場所に飾る必要がありますよね。

日光が直接当たる場所も避けたいもの。購入前の収納場所と飾る場所の決定&サイズ計測は必須です!


◆ひな人形の顔や手の作りが型抜きか手作りか

ひとくちに「ひな人形」と言っても、その作りは様々。お値段もピンキリです。

特に顔や手のいわゆる固い部分は、手作りバージョン型抜きバージョンがあります。


手作りバージョンも最初は型抜きから始まるのですが、抜いた後に「胡粉」という貝殻の内側を粉にしたものを丁寧に塗り重ね、顔の細部や形、表情を作っていくのです。

まさに職人技ですね!当然、手作りバージョンのほうが価格も高くなります。



◆ひな人形の着物と足

2852_02引用http://www.kyugetsu.com/archives/820

おひなさまの着ている着物にもチェックポイントがあります。
着物の素材、絹100%、絹+化学繊維、化学繊維の3パターンですね。

絹100%の素材を「正絹」と呼ぶのですが、なめらかな光沢のある柔らかい仕上がりになります。


最高級なのは、帯地の衣装
人間用の着物の帯として織られた布を使用しているもので、帯地の衣装を着ているひな人形は数十万円の価格になります。

着せ方にも差があり、最も高級なのは人間と同じように十二単を1枚1枚重ねて着せているもの。


襟と袖の部分だけを重ねているものとは、持ってみると重さで見分けがつきますよ♪

そして、最後にかわいいチェックポイント☆お内裏様を裏返してみてください。

高級なひな人形は、チョコンと足があるんです!これは相当かわいらしいので、ぜひとも見ていただきたい!


◆ひな人形が持っている小道具

ym_7bn-jou引用http://www.juho-tougei.jp/3ktrg/kodougu/motimono/oya/top7.html

ひな人形には小道具もついています。ここも要チェック!おひなさまは扇子、お内裏様は刀がわかりやすいポイントです。

扇子はちゃんと閉じられる本物仕様になっているか、刀は鞘から抜くことができるか。

職人さんがこだわって作っているひな人形は、小道具もちゃんと本物っぽいんです♪

スポンサードリンク


◆ひな人形まわりの小物

ひな人形の周りにある小物(=お道具)もチェックしないといけません!
特にチェックしたいのは、金屏風とぼんぼり、三方(さんぽう)

屏風は何でできているのか?木、布、紙、プラスチックなどなど素材は多様です。

re-top引用http://www.juho-tougei.jp/3ktrg/kodougu/bonbori/hns_kosakura18cm_cl/re-top.html

漆塗りに純金で蒔絵が書いてあるものが最高級ですが、ほかにも刺繍が施されていたり、金箔が貼ってあったりと素敵なものがいろいろあるので、好みに合わせて選びたいですね。

ただし、屏風はひな人形の価格を左右する大物です!予算と相談しつつ、じっくり選びましょう♪


チェックポイントをずらずらっと書いてきましたが、ひな人形を購入するときに最も重要なチェックポイントは、ズバリ顔です!

桃の節句の期間にしか会わないお雛様。桃の節句の時期になると忙しくても時間を作って飾らないといけないおひなさま。

「会いたいなあ」とか「かわいいなあ」とか思えるひな人形を選ぶことが大切なんです。何十年たっても愛し続けられるような、超好みのタイプ!のひな人形を探し当ててくださいね。


ひな人形どこで買う?

ネット通販て便利ですね~。

家で寝っ転がっていても、欲しいものを見つけたら翌日には届いちゃう! 私は毎日のように何か買っています。

でも、ひな人形はネット通販での購入はあまりオススメできません。上に書いたチェックポイントは、やっぱり直接本物を見て・触って確認したいですよね。


ひな人形は節句人形の専門店かデパートでしか購入できないものでしたが最近では、ベビー用品や子ども用品、おもちゃのチェーン店、大型スーパーなどでも大きな店舗だと販売しています。

これらのチェーン店では、節句人形専門店ブランドのものも取り扱っていますが、比較的安価で20万円以内のものが主流です。


逆に節句人形の専門店やデパートだと、最高級品まで取り扱っています。予算や欲しいお人形に合わせて購入先を決められますね♪

ちなみに、節句人形のハイシーズンである1月~3月を外した、秋などの時期には早割があっておトクに購入できるお店もあるので、早めに手を打つのもオススメ!


ひな人形を買うときのワザ知ってる?

チェックポイントで書きましたが、ひな人形まわりのお道具は、素材によって安価なものから高価なものまで
あります。

予算と合わない場合には、まずはひな人形に予算を使って、お道具は後から買い替えることも可能ですよ


さらに、お母さんのお下がりでもOK!

無理やり全部一度に購入せずに、最終的にちゃんと納得いくもので揃えられればいいことを前提に予算組みしてみてくださいね。

また、ひな人形にはオーソドックスな衣装着タイプや木目込みタイプだけでなく、いろいろな素材のものがあります。

たとえば、美しいガラス製のものやモダンなメタリック、かわいらいい焼き物や木製、ちりめんの物も。

飾るスペースや予算、そして一番大切な「好み」に合わせて、最高!と思えるものを探してみてくださいね♪

 - 【慣 習】