それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

正月飾りはいつまで飾るの?どんな種類があるの?

      2018/01/04

お正月シーズンになりますと、お店やお家の玄関先、あるいは自家用車にも華やかなお正月飾りを目にしますよね。

そんな正月飾りですが、みなさんは正月飾りをいつまで飾っておくものなのかご存知でしょうか?

「あれ?あのお宅まだ正月気分なんじゃない?」なんて、恥はかきたくないですよね。

そこで今回は、正月飾りはいつまで飾るものなのか?正月飾りには、どんな種類があるのかについて説明します。

スポンサードリンク

そもそも正月飾りの意味とは?

本来お正月とは、歳神様を家にお迎えし祝う行事って・・ご存知でしたか?何だかちょっと難しく堅苦しく聞こえる響きですね。

ちなみに歳神様とは、先祖の集合霊の事をそのように呼びます。

「年の初めにやって来て、その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる」と言われている神様の事。


正月飾りとは、「その歳神様を心から歓迎します!」と言った意味をこめて飾るものなのです。


正月飾りと言えば、門松、しめ飾り、鏡餅が定番で、みなさんも見たこと飾った事もあるかと思いますが、それぞれの飾る意味を知らない人も少なくはないのではないでしょうか?

スポンサードリンク


門松はいつからいつまで飾るのか


歳神様の依代(いだい=神体や神域)と言われていて、「正月飾りのなかでは最も重要なもの」とされています。ちなみに、「依代」とは、心霊が依り憑く対象物のことをいいます。

門松は正月飾りのなかで最も重要なものとされています引用http://kadomatsu-japan.com/kadomatsu/hanshin/64/25/

歳神様が迷う事なく降りて来るための目印になる物が、門松なのです。

その門松を飾る時期と言うのが、年の瀬12月28日に飾るのが一般的と言われています。


その理由としては、【歳神様をお迎えする準備を、前日にあわただしく行うことは失礼にあたるため】などと言われております。

門松を飾る期間は地域によっても異なるようですが、一般的には「松の内(1月7日)まで」とされています。


しめ飾りはいつまで飾るものなの?

新しい藁に裏白(うらじろ)、ゆずり葉、橙(だいだい)などをあしらって作ったお飾りをしめ飾りといい、私の家では、「しめ縄」なんて呼んだりもしていました。

しめ飾りは神様を迎える清浄な場所を示すためのものです引用http://blog.livedoor.jp/ngsw11/archives/50981306.html

しめ飾りは、神様を迎える清浄な場所を示すために飾るもので、
玄関に飾ることで災いが外から入ってくる事を防ぐといわれており、しめ飾りを飾る時期は、門松と同じで12月28日~1月7日までが一般的です。


鏡餅はいつまで飾るのか?


鏡餅は、古代より「歳神様を迎えるために供えるお供物」と言われています。

鏡餅が丸い形は「円満」を表現し、2つ重ねるのは「かさねがさね」を表していて、つまり、「円満に年を重ねるという意味」が込められているそうです!

歳神様を丁寧に迎えるために供えるお供物が鏡餅です!引用http://kineya.net/hpgen/HPB/files/syogatsumochi2.html

見た目もなんか可愛げのある鏡餅ですが、その意味を知るとなんだかホッコリ暖かい気持ちになったりしますね。


飾る時期はと言いますと、12月28日が最適とされていて、 鏡開きの日までと言われています。

鏡開きの日とは、一般的に1月11日とされていますが、こちらも地域によって多少日程が左右したりもあるみたいです。

鏡餅のくわしい記事はこちらからどうぞ!



正月飾りの由来は知って損はない!


正月は、日本の代表的な行事の1つとして、周りの人たちに恥じないよう、このような祝い事の知識は知って損はないですね。

正月前には、神棚もきれいにするものですが、神棚の上に貼る「雲」の意味って知っていますか?

神棚の「雲」が何を意味するのか?それはこちらからどうぞ!


年の初めは、心身共に清清しい気持ちでスタートしたいものです^^
今年も良い年になりますように。

 - 【お正月】