それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

大学の入学式は親や保護者が出席するもの?服装はどうするか

      2019/04/02

かわいい我が子の小学校や中学・高校の入学式や卒業式に、親が出席するのは極めて当たり前な普通の光景ですね。

さてそれが大学の入学式となると、果たして親の出席率は実際にはどうなのでしょうか?


親心としてはぜひとも参加したいけども、大学生はもう大人だし、過保護と思われたくないし・・・。

そんな迷いから、出席しようかどうかと悩む方も少なくないと思われます。

何を隠そう、かく言う私がそうでしたので(笑)

そこで今回は、大学入学式の親の出席について、徹底リサーチしてみましたよ!


スポンサーリンク

大学入学式に親が出席するのは本当はどうなのか?

結論から言うならば、

大学の入学式には【親も堂々と出席すべき】です!


その理由を述べます。

高校までは、入学式や卒業式に親や保護者が出席するのはごく一般的なイベントとなっています。

しかしそれが、いざ大学の入学式や卒業式となると、果たして親として行くべきかどうか悩むご両親も少なくないようです。


そこには、【大学生になってまで入学式に親同伴で行くなんて過保護すぎる】といった、否定的な意見が頭をよぎるからだと思います。

でも実際には、そんな意見などまったく気にする必要はありません。

大学の入学式や卒業式には保護者用として座席をきちんと準備している大学が圧倒的多数です。

さらには大学の入学式終了後には、保護者説明会や父母見学会等々、大学側の主な教員や職員と保護者が接する機会を設定している大学がほとんどです。

大学側としては、親や保護者に対して「我が子が入学した大学がどのような教育方針でどんな方向を目指しているのか」正しく把握し理解して頂くと言う意図があるのですね。


言うまでもなく、高校までとは違い大学には父兄参観や懇談会・三者面談などはありませんので、親や保護者が大学について知る機会は、入学式が最初で最後になる場合が多いのです。

であるならば、なおさら入学式には出席するべきと思われます。

入学式後は保護者説明会を設定している大学が多いです

【体験談】私の娘の大学入学式!

ちなみに私の娘の場合は、大学が所在する関東の某県庁所在地にある大ホールを貸しきっての入学式でした。

国立の総合大学で、文系理系ともに学部が多く学生数も多い大学です。

そのため、ホール内1階には新入生、2階に大学院入学生、3階と4階が保護者席、という配置でした。


私たち夫婦は、3階席のうち娘が座る教育学部の席近くに座って、栄えある入学式に望む愛娘を見守りましたよ^^。 

大学の入学式は、たいへん格調が高く厳粛な雰囲気の中で行われた式典です。

『さすがに大学になると格式が高いなあ』という印象でしたね。


入学式が始まる前のロビーは、次々に来場する入学生と親でごった返し!

親が出席してもいいのか?どころではなくて、親子で記念写真を撮る光景があちこちで見られました。

「こんな大勢の親が来るものなのか!」驚くほど親の出席が多かったのです!

大学入学式は、親がこんなに大勢来るものなのかと驚いた
ちなみに、都内の学生数が多い大学では、武道館などの広い会場を貸し切って入学式を行うところもあります。

このような大規模な入学式では、武道館内にもきちんと保護者席が確保してあり、先着順で着席するようです。

会場に入りきれなかった保護者は、近くにあるホテル等のホールで、映像配信を見られるよう配慮しています。すごいですね^^


このように大学側は、入学式に親・保護者が多数出席することを前提として準備を進めています。

ですから、「親が出席するなんて恥ずかしいし、どうしよう・・」などと悩むことなど全く不要なのです!


それどころか堂々と大学入学式に出席して、これから我が子が4年間を過ごす大学についてしっかりと理解することが大切です!

入学式会場の規模の問題(ホールの収容人数)などから、親の入場に関して人数制限が出てくる場合も有り得ますから、大学からの入学式案内をよく確認してから出かけるよう気をつけましょう。

スポンサーリンク


『大学の入学式』親の服装はこうする!

さて、大学の入学式はこれまでの小中高の入学式とはかなり違い、格式が高くとても厳粛な雰囲気の中で執り行われます。

そこで保護者として気になるのは、『果たしてどんな格好をしていくのが無難なのか』親としては悩みどころですね。

まずは、こちらの映像を見てみましょう。



入学式が行われる日本武道館、その入り口あたりの様子です。保護者の方も、たくさん映っていますね♪

服装は、地味な色味のスーツやワンピースが多いようです。


高校までの入学式では、親もここぞとばかり気合いを入れて、お着物で参加したお母さんもいらっしゃると思います。

でも大学の入学式となると、これまで以上に親の存在は『一応の同伴者』的な感じとなります。


ですから、あまり服装に力を入れすぎると、かえって浮いてしまう結果になるかも知れません。

着物にする場合も、地味目な色柄を選んだ方が無難そうですね。

親の服装は地味な色のスーツやワンピースが多いです引用:http://goo.gl/mFDMW4

洋装の場合、お手持ちのワンピースにジャケットを羽織る程度で充分だと思います。

でも、「せっかくのおめでたい機会なんだから、素敵なお洋服を買いたいわ~♪」と言うご両親ならば、流行を取り入れたコーディネートを楽しむのも良いかと思います^^


春夏ファッションの流行を取り入れて大学入学式に出席!

2015年秋から流行が始まった『ガウチョパンツ』。

2019年に入った今も、まだまだ流行が続いているようですよ。

ガウチョパンツが7分丈に対してスカンツはロング丈です引用:http://goo.gl/2aUpiJ

さらに春からは『スカンツ』が来るかも!

ガウチョパンツが7分丈だったのに対し、スカンツはロング丈


ロングスカートかと思いきや、よく見たらパンツ!なものです。

ふわりとしたラインと足首まである丈なので、体形カバーもバッチリですね♪

ふわりとしたラインなので体形カバーもバッチリですよ引用:https://goo.gl/9hIRH4

また、引き続きガーリーテイストな素材も流行中です。

シフォン系やレース使いの透け感のある素材で、春らしい雰囲気も出せそうですね^^

シフォン系やレース使いの透け感のある素材が流行中!引用:http://goo.gl/KhCYbI

アウターは、トレンチとベストが融合した【ジレンチ】が流行し始めました。

ガウチョやスカンツでふんわりしたラインを、ジレンチを羽織ることによって縦長に引き締めてくれるので、ぜひ合わせたいところ。


そして、2019春夏のトレンドカラーは暖色系です。

入学式にビビットカラーはちょっと厳しいので、モノトーンでセットしてみてはいかがでしょうか?


オススメは、ボトムスにシフォン素材のスカートかガウチョ・スカンツ

モノトーンだと、ジャケットにも合わせやすいですね♪

ボトムスにシフォン素材のスカートがおすすめ!引用:http://goo.gl/27lf6k

黒のシフォン素材スカンツなら、式典の場にも合っているし、春夏の着回しでも活躍してくれそう!

ガウチョは形や選び方次第でいろんな表情になるのです引用:http://goo.gl/OwDMkI

ガウチョは形や素材の選び方で、カッチリにもふんわりにもなってくれるので、好みに合ったものを探してみてくださいね。

シフォンやプリーツのスカートはエレガントに着こなせる引用:http://goo.gl/sbx8GD

シフォンやプリーツのスカートは、ひざ下丈が2019年の流行です。

エレガントに着こなせるし、ジャケットとのセット売りが多いのも助かります♪

ジレンチコートはスリムなパンツにも合わせやすいです引用:http://goo.gl/ysDTH0

ジレンチコートは、春夏で大活躍間違いなし!

上でオススメしたふんわり系ボトムスはもちろん、スリムなパンツにも合わせやすいデザインなので、この機会に購入するのもいいかもです!


【まとめ】大学入学式は我が子にとって最後の入学式典!

大学の入学式には、親も出席すべきです!

私自身が大学に入学する入学式そして卒業式の、どちらも両親が実家から遠路はるばるかけつけて出席してくれました。

私の場合は「大学生なのに入学式に親が来るの?」と言うような恥ずかしい気持ちなど、全く無くありませんでした。

これから4年間を過ごす大学について両親が知っておくのは当然だと思いましたし、何と言っても今後4年間ずっと仕送りをしてもらうのですからね。

一生の内で、親に対して金銭的に最も負担をかける訳ですから、「親には来てほしくない」「来ると恥ずかしい」と言う考え方は常識外だと思いました。


私の親も同じ考えで、大学というところがどういう環境なのか一度見てみたいとの気持ちで上京したと話していましたし、とても喜んでくれるのが私自身も嬉しかったですね。

式典のあとに、アパート近くのファミリーレストランで一緒にお茶を飲んだのが、今となっては良い想い出です^^


大学の入学式には、堂々と親も出席しましょう!

どうしようかと悩む必要などありません。

過保護だの甘やかしだのと批判する一部の人たちの意見など、気にする必要さえないのです!


厳しい受験を乗り越えた我が子の大学入学式を、しっかりとご自身の脳裏に焼き付けて頂きたいと思います。

まさしく、貴重な一生の想い出になることは間違いありませんよ^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 - 【暮らしの疑問】