それ教えて!

「それが知りたい」貴方の疑問いっきに解決!

ワキガの臭いが気になる!すぐ出来る効果的な対策を知る!

      2016/11/04

夏が近づいてどんどん薄着になるこの季節、ちょっと気になるのが自分のワキガの臭い!脇汗が臭い!人は誰しも「臭い」のことって、とってもデリケートです。


ふとした瞬間に、「あれ?臭ってる?臭い?」と気になってしまうものですが、できればあまり考えたくないですよね。


実は、自分ではよく分かっていない身体の臭い。「もしかして…ワキガの臭いなの?脇汗?」そんな時、すぐ出来るワキガの臭いの効果的な対策をまとめました!


スポンサードリンク

そもそもワキガって何か言えます?

ワキガは正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。
腋、つまり文字通り「ワキの臭い」がとにかく特徴的。

どんな臭いなのかというと、「玉ねぎやネギのようなツーンとした臭い」ですね。とっても強烈な臭いが特徴。


臭いの強さも個人差がかなりあります。うーん、これは結構手強いですよ。相当手強い系の臭いです。


重度のワキガになると、息もできないくらい臭い!
それくらい強烈な臭いを放っているんですね。

pexels-photo-65977-large

ツーーンとした強烈なワキガの臭いの原因はこれだ!

ワキガの原因は、「アポクリン腺から出る汗」と言われています。

この汗に含まれる脂質、たんぱく質、糖質、アンモニア、鉄分などの成分が、ワキの下の皮膚に存在する常在菌によって分解されることで、このツーーンとした臭いを発生させているのです。


このアポクリン線が多く存在するかどうかで、ワキガかどうかがわかるんですね。


自分では気づきにくい、ワキガの症状。ちょっと怖くなってきました。どうにかならないものか…。

スポンサードリンク


自分のワキガ度をセルフチェック!

ではここで、ワキガの臭いをセルフチェックできる方法を、いくつか紹介しますね。

  • 耳垢がベタベタしている。

  • 服のワキ部分に黄ばんだようなシミができやすい。

  • 性別、ワキ毛チェック!
    女性→毛の太さがしっかりしていて1本の毛穴から2本の毛が生えている。
    男性→猫のように柔らかくサラッとしたワキ毛が広範囲に生えている。

  • ワキ毛に白い粉がつく

  • 両親またはどちらかがワキガ体質である。
などなど、セルフチェックできる項目をまとめてみました。もし多く当てはまるようならば、ワキガの可能性が高いといえます。

pexels-photo-medium
もし気になるようでしたら、専門の病院でチェックしてもらいましょう。ワキガの汗は、粘り気があって、色は黄色い感じなんですね。


汗が固まって白い結晶になって付着したりするんですね。ワキガは、手術をしないといけない旨をよく耳にしますが、この辺りはどうなんでしょうね?


・・と言うことで、早速調べてみました!


ワキガは手術が必要なのか?

確かに、大元から治そう!としたときには手術が効果的です。

ワキガの手術は、原因となっている「アポクリン腺」を取り除くという手術になるんですね。


具体的には、切開手術やレーザー手術などがあります。でもでも、ワキガだからといって、必ずしも手術をしないといけないわけでもありません。

手術ってそんなに簡単に出来るものでもないですし。。。体の都合だってありますもんね。

では、すぐに出来る効果的な方法をご紹介します。


簡単にできる効果的なワキガ対策はこれ!


引用:【ワキガ対策】強烈な臭いに最強のデオドラントはコレ!

  1. 制汗剤・ワキガ用クリームを塗る。

  2. 制汗デオドラント剤やワキガ専用のクリームが、とっても簡単で効果的!しかも即効性がありますよ!

  3. ワキ毛を処理する。

  4. ワキ毛はワキガの原因の一つ。処理をきちんと行うことで、臭いに立ち向かえるのです!

  5. 優しく洗う。

  6. 強く洗うのは逆効果。天然素材の柔らかいスポンジ等で、優しくワキを洗いましょう。

  7. 食生活の改善。

  8. 野菜や魚類を中心にした和食がGOOD!脂分が多い食事はワキガには危ないですよ!

  9. 規則正しい生活を送る。

これは、どんなことにおいても基本ですね。ストレス、タバコ、アルコールなどに要注意!


ワキガは自分では気づきにくい!

もし、ワキガかな?と思ったら、家族以外の親しい友人にチェックしてもらうのもいいかもしれません。悩んでしまう場合は、お医者さんに相談してみましょう。

日本人の約1割の人が、ワキガだと言われています。

気になったら、出来ることから対策や行動をしたいですね。これってホント、デリケートな問題。

でもだからこそ、教えてあげられる人にはそっと教えてあげたりするのも優しさなのかもなって思ったり。一人で悩みこまないで、体のことはちゃんと向き合っていきたいですね。

 - 【健康・美容】