それ教えて!

「それが知りたい」あなたの疑問をサクッと解決!

餅つき機で鏡餅(かがみもち)作った!簡単に美味しいお餅が出来た!

      2019/05/16

ちなみに我が家には餅つき機があって、毎年年末には家族でお餅つきを楽しむのが恒例です。

ですが、ここ数年はちょっと面倒になってきたと、市販の丸餅を買って済ませていたのです。


でも今年は、「たまにはキチンと鏡餅(かがみもち)も丸餅も自宅で作ろうよ」と、久々に家族みなの意見の一致を見ました。

早速、年末30日に餅つき機を物置部屋から引っ張り出してきたのです。


そうしたところ、予想以上にすごく美味しいおもちに仕上がり、鏡餅も母親のアドバイスを頼りにしながら見事に完成しました!

そこで今回は、これから餅つき機にチャレンジする方のために、美味しいおもちの作り方をご紹介します!


スポンサーリンク

餅つき機で使ったもち米は2斗(2とう)

今回の餅つきで使用したもち米は、全部で2斗です。

鏡餅用には『もち米一升を使用』し、上下2段に重ね合わせる鏡餅が2つ完成!

いかがでしょうか^^

市販されている鏡餅よりも勝ってます(笑)。
 ↓  ↓
鏡餅が2つも出来あがりました
普通の丸餅は、一升5合のもち米を使用して、2回に分けて餅つき機を回転させました。

お雑煮などに使う普通の大きさの丸餅を、まるで市販のおもちのように美味しく作れましたよ~^^
 ↓  ↓
お雑煮用に使う丸餅も、たくさん完成しました!
数年前には、もち米を蒸している段階で内ふたのゴムパッキンがふやけて外れてしまい、なかなか蓋(ふた)に元通りに収めることが出来なくて大変苦労した経験があります。

今回は、そうなら無い事を祈るばかりです。


餅つき機でお餅を柔らかく作るコツはこうする!

さて我が家の餅つき機は、下記のようにごく一般的なものです。

これが大活躍するんですよ~^^

久しぶりに餅つき機を出して、本格的な餅つきにトライしました!
まずは一晩きれいに砥いだ(といだ=洗った)もち米を餅つき機に入れて、もち米を蒸します。

これは非常に簡単な作業で、餅つき機の蒸すのボタンを押すだけ(笑)。

蒸しあがる5分前くらいから、餅つき機の上部の穴から蒸気が勢いよく吹き上がってくるので、それが「もうすぐ炊き上がるよ」とのサインになります。

およそ20分くらいで炊き上がります。

お知らせブザーが鳴ったら、ごはんを蒸らすのも含めて、もう「お餅をつく状態になったよ!」のサインです。

こんな感じになります。
 ↓ ↓
餅つき機は、もち米が炊き上がるとブザーで知らせてくれます
さて、ここで超大事な作業があります!

ほとんどの方が知らない、秘伝の裏技です。

柔らかでモッチモチなお餅に仕上げたいなら、もち米が蒸しあがって蓋をあけた時に塩を少々振りかけます

だいたい小さじ3杯くらい。

たったこれだけで、とても美味しく仕上がります!

柔らかめのお餅にしたいなら、塩を小さじ3杯入れて下さい
大事なことなので、もう一度言います。

見逃してはいけません(笑)。

蒸しあがったもち米に塩一つまみを3回くらい(小さじ3杯)パパッと振り掛けてから、全体を軽く混ぜます。

すると、出来たお餅が柔らかくなりますよ^^

ちなみにこれは、取り扱い説明書には絶対に書いてない、私の母親の秘伝です。


いつも迷惑ばかりかけてきた年老いた母に、この場を借りて宇宙いっぱいの感謝を伝えたいと思います。

「母ちゃん、本当にいつもありがとう!」


スポンサーリンク


餅つき機はまるで魔法の機械!

さて、塩を振りかけて蒸しあがったもち米を混ぜましたね。

次に、【お餅をつく】ボタンを押して蓋を開けたままの状態で蒸しあがったもち米が段々とお餅に変身していく様を楽しんで下さい!

これは本当に、魔法を見るように楽しめますよ~。

下記の画像は、きれいなお餅になりかけている途中です。動画をとるべきでした。

餅つき機の中で、だんだんお餅になっていく様は大変面白いですよ!
餅つき機の取り扱い説明書には、つくを押したらまた蓋を閉めるように書いてあるけども、我が家ではふたは開けっ放しです。

まったく何も問題なく仕上がります。

そして何よりも、お餅に変身していく様子が面白くて楽しい!

特に、小さなお子様がいらっしゃるご家庭なら、すごく喜んでくれること受け合いです。

これは本当におすすめですよ~。

★フタをするしないは安全上の問題もありますので、そこは自己責任でお願い致します。

餅つき機のフタは、開けっ放しにしても動作に問題はありません

餅つき機『こんなハプニング』に要注意

実を言いますと、今回ちょっとしたハプニングがありました。

【炊く】のブザーが鳴って蒸しあがっているはずのもち米が、蓋をあけたらまだ、パラパラ状態のもち米でしかなくて。。

ほとんど、炊けていないのです。


どうやら原因は、内蓋のゴムパッキンが一部外れてしまい、そこから蒸気が外に漏れていたようです。

下記の画像がそれで、ふたの上部にもわりと蒸気が出ているのが分かりますか?

これはダメな例ですよ。
 ↓ ↓
もち米を蒸す時に、フタのすき間から蒸気が漏れてはいけません
そこでパッキンをきちんと取り付け、再度10分ほど炊いたところ、下記の画像のように蒸気が真上に吹き上がり、キレイに蒸しあがりました。
 ↓ ↓
ふたの蒸気口から真上に蒸気が吹き上がるのが正常です
ここで要注意なことがあります。

餅つき機の中に水を入れるプラスチック容器があるのですが、ここの水がキチンと入っているか必ず確認しましょう。

我が家ではうかつなことに、容器の水が少なめになっていたようで、炊き上がった時には水が完全に無くなってしまい、容器が干からびた状態になっていて、割れる寸前な状態でした。

危なかった。。


画像左側の縦に長細いフタの中には、水が入っています。

この水が入っているかを、要確認しましょう!
 ↓ ↓
もち米を炊く前に、容器に水が入っているか必ず確認しましょう
「炊く」のボタンを押す前には、容器内の水がきちんを入っているか必ず確認しましょう。


お餅を餅つき機から『出すのが難しい』

そしてブザーが鳴ったら、いよいよお餅の出来上がり!

片栗粉を平たくひいた大きめの平板に、つきたてのお餅を投入します。

大き目の平板に、片栗粉を敷き詰めます
この時、餅つき機の鍋部分から「おもち」がくっ付いてなかなか離れないので、二人の作業が理想的です。

ひとりは、鍋をもって板にひっくり返しながら持つ。

もう一人は、鍋の中のおもちを、しゃもじなどで鍋周りにくっついているお餅を離して平板に投入する役目ですね。

ただ、今の餅つき機は高性能で、内鍋自体に加工が施されていて「くっつかない」のかも知れません。


お餅バリエーションを楽しもう

あとは、平板に落ち着いたお餅を、適当な大きさにちぎってまるめていきます。

そうしながら、お雑煮用の丸もちにしたり、小さめの鏡餅を作ってみたり、一口サイズにちぎって、あんこを付けながらあんころ餅を楽しんだり。。

いろんな楽しみ方があります^^

出来上がったお餅を、適当な大きさにちぎりながら丸めていきます
ちなみに我が家では、大根をすりおろして鰹節をたっぷりまぶした大根おろしを大量に作り、そこに一口サイズの餅を放り込みながら即座に食べるおろし餅が大好評です。

(真ん中のラーメンどんぶりが大根おろし)
(その下があんこ)
  ↓ ↓
一口サイズのおろし餅が、すごく美味しいので好評です!
そして、さきほどのあんころ餅。

今年は市販のあんこを買ってきてトライしたところが、あまりの人口甘味料の甘さにゲンナリ。

一口サイズにちぎった餅には、ほんの少しだけあんこをまぶして、あんころ餅を楽しみました。


あんころ餅やおろし餅以外でも、バターをのせたりチョコチップをまぶしたり。

いろんなバリエーションを楽しめるのが、餅つき機を使った手作り餅のメリットなんです。

餅つき機で鏡餅(かがみもち)作った【まとめ】

以上、我が家の年末恒例『餅つき機を使った餅つき大会』を実況中継しました(笑)が、いかがでしたか。

いろんな味にトライしながら、家族でワイワイお餅を囲むのが最高に楽しいです^^


美味しいお餅にするための【裏技】もご披露しましたので、ぜひ参考にさえて下さいね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 - 【お正月】, 【暮らしの疑問】